山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第346回 天童市「水車生そば」の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第346回 天童市「水車生そば」の巻

新型コロナウイルスに翻弄されるこの季節
さみだれ例会ながら騒動を忘れた老舗の味
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 終着点が見えぬ新型コロナウイルスの感染拡大。世界的出来事であるが、その影響はわが三たてそば会にも及んだ。世の中の催事自粛ムードには抗しがたく、相澤先達は今月の例会を「さみだれ参加方式」にする決断をした。水車生そば(天童市)を会場に指定、各自都合のいい時に店に赴き好きなメニューを味わって例会とすることにした。

 
 17日火曜日、相澤代表、浦井雄治代表代行と連れだって店を訪れた。あえて日曜日を避けた。混雑に拍車をかけるのは本意でない。ウイークデーなのに、駐車場は7割方埋まっている。コロナウイルスの影響はないようだ。この日現在、山形県で感染者は出ていない。
 「この店らしいものを頼まないと」。相澤先達に促され、浦井さんはにしんそば、筆者は鴨せいろを注文する。先達は天ざるそば、ドライバー兼カメラマンの丹野さんは鴨そばである。先達がレジに立つ奥さまに声を掛けると、主人矢萩長兵衛さんは所用で不在とのこと。あいさつはかなわなかった。
 「お酒はどうする?」と先達。体調から控えている先達。浦井さんと燗酒1本ずつ頼む。そばにはそば前がつかなくっちゃ。ほどなく鴨せいろが出る。付け合せの青菜漬けをつまみに、ゆっくりお酒を楽しむ。せいろは挽きぐるみの太打ちで黒い。温かい鴨汁に付ながら噛み締める。
 水車生そば名物は鳥中華だが、あくまで今日は三たてそば会の例会である。名物でもご法度だ。生そばを食べた後なら許されるか…とも考えたが、鴨せいろで満足し結局頼まなかった。
 
 さみだれ例会の会場に、相澤先達はなぜ水車生そばを選んだか。江戸末期の創業で山形を代表する老舗そば店であるのが一つ。さらに矢萩さんは山形県麺類飲食生活衛生同業組合の理事長として、県内のそば店のとりまとめ役を担っている。相澤先達は「山形そばが今日あるのを築いた、三大功労者の一人」だという。
 そんな山形そば業界の話題を肴に、近づく春を感じながら老舗の味を楽しんだ一日。さみだれ例会が異常なら、一度も積雪が無かったという山形の冬も異常。いつもの例会に戻れるのは何月だろう。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2020/04/02

今月号とバックナンバー

このページのトップへ