山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第344回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第344回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

「かきそば」と「せいろ」の2本立てに感謝満足
正月なのに雪のない暖冬の新年会を楽しんだ一日
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 暖冬、暖冬と言われる冬が続く。北山形駅に着いたら、雪が全くない。新年第1回の例会は、恒例寿ゞ㐂総本店(山形市宮町)と決まっている。冬限定のかきそばがお目当てである。長く参加しているが、雪のない1月例会は記憶にない。異常な暖冬である。

 
 なぜ正月例会がこの店なのかを、相澤先達に確かめたことはない。やはり風格のある老舗は、新年会を兼ねた例会にふさわしい。会場の座敷には、春陽さえ感じさせる明るい光が差し込んでいる。
 先達からの「明けましておめでとうございます」の挨拶で幕開け。「案内状に余計なことを書いたら、予想以上の反応があって……」。差し入れ歓迎、のことを指している。24人の参加者(飲まない人も含め)だから、本来ならお酒は2升(1升は1.8㍑)で差し止めだが、きょうは特別たっぷりありますよ、というシグナルだ。
 乾杯の後、初参加者、久々の参加者の紹介、挨拶がある。東京からわざわざ、の会員も顔が見える。
 銘々の突き出し皿には、正月らしくギンナンの串、田作り、エビがある。追っかけむきそばの鴨肉添えが出される。
 お酒はあればあるだけ、進み方のピッチが早い。先達が用意したのは米鶴酒造(高畠町)の純米酒生酛など3本。そこに差し入れが加わる。テーブルごとの青菜漬けも頂きながら、話が弾む。肴には天ぷら盛り合わせが加わる。カボチャ、春菊などに塩だ。
 ほどなくかきそばの登場だ。ぷっくりと肥えたかきが3個乗っている。これだけ肥えたかきを入手するには、長年店が蓄積したルートが必要だ。
 
 目でめでた後は、どの参加者も一気に平らげる。至福の時間である。つゆの濃さといい、そばの茹で加減といい、かきそばを出す店は山形でここだけというのがうなずける。三たてそば会で、種ものは本来ご法度だが、このかきそばだけは特別である。
 そばはこれで終わりかな、と思ったら、せいろが登場した。そば会本来のラインナップである。きょうの会費がいつもより高い理由が分かった。
 最後は正月らしく、仙台衆による「さんさしぐれ」が出て、お開きとなった。店から駅までは5分という距離ながら、酔いを考えて車を呼んだ。北山形駅では、階段を昇らないと仙台行きに乗れない。仲間の助太刀で何とか電車に乗った。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2020/02/05

今月号とバックナンバー

このページのトップへ