山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第330回 高畠町「ゆうきの里 さんさん 」 の巻

CIMG4241.JPG

CIMG4241.JPG

山形三たてそばを食う会
第330回 高畠町「ゆうきの里 さんさん 」 の巻

菊地さんの健康講話にみんなが度肝を抜かれ
ゲンキナ収穫体験まで楽しみ参加全員ご満悦
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
CIMG4248.JPG
CIMG4236.JPG
CIMG4237.JPG
CIMG4232.JPG
CIMG4230.JPG
CIMG4245.JPG
CIMG4245.JPG

 

 
 我が国における有機農業発祥の地・高畠。そんな土地には土地柄にふさわしい人物が存在する。地元で和法薬膳研究所を主宰する菊地良一さん(71)はその一人だ。
 菊地さんは高ミネラル無農薬野菜を世に提供することで健康な生活実現に向け提案を続けてきたが、自分が住む高畠町和田地区を舞台にしたそば文化の振興にも心を砕いてきた。今回は菊地さんの活動に賛同する相澤先達が、彼にすべてを「お任せ」して企画した異例のそば会である。
 
 この日の会場は、和田地区に町が建てた「ゆうきの里さんさん」の農産加工体験館だ。敷地内にはログハス風のコテージが3棟あり宿泊もできる。
 テーブルには野菜料理を中心とした折り詰めとお酒は地元の「米鶴」別撰吟醸酒2合瓶(一合180㍉㍑)が1本ずつ用意されている。乾杯もそこそこに、菊地さんのお話が始まる。
 「10割そばと、つなぎに小麦粉が入っているそばでは全く違う。小麦粉は生で食べると中毒する」「有機栽培の玄米を深入りした食品が、さまざまな病気や健康に有効ではないかと今注目されている」「今日収穫体験していただくゲンキナも無農薬の高ミネラル野菜です。血液サラサラ効果があると言われている」。菊地さんの弁舌はとどまるところを知らない。意外な内容にみんな度肝を抜かれた表情。
 相澤先達による、菊地さんのあらためての紹介、初参加者のあいさつと進むうち、お酒も尽きてくる。今回はゲンキナの収穫シーズンが間もなく終わるところから、定例日より1週間早い開催となり、仙台衆常連の顔が少ない。締めは菊地さん手打ちのせいろだ。
 「そろそろ畑に行こうか」。頃合いを見て相澤先達がみんなに声を掛ける。菊地さんのゲンキナ畑はビニールのトンネルになっているが白い花が咲いてシーズン終わりを感じさせる。「お好きなだけどうぞ」という菊地さんの言葉に甘えて、参加者は各自用意した袋一杯に収穫し、みんなご満悦だった。
 

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2018年 | 情報更新日:2018/12/04

このページのトップへ