山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第324回 山辺町「そば処 弁天」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第324回 山辺町「そば処 弁天」 の巻

たっぷりの山菜尽くしを楽しんだ一日
ワラビ採りまで体験する豪華版でした
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真1
写真1
写真2
写真3
写真4
写真7
写真6
写真8
写真9

 

 
 この春は季節の進み方が早い、という話をよく聞く。2月までは寒かったのに、3月になると暖かい日が多くなり、桜の開花も記録的な早さだった。
 いつもの年なら、山形の山菜は6月が盛りだろう。ところが相澤先達から、びっくりする案内状が届いた。「5月のそば会を、15日(火)に開く」というのである。所は、先達の生まれ故郷・山辺町の「そば処弁天」。ご主人吉田正春夫妻が自ら採った山菜の天ぷらを楽しみながらのそば会だ、と。
 5月の例会は、第3日曜日がルール。山菜の進み方が10日から2週間早いのと、弁天の営業日は土、日曜日の週2日で、とりわけ日曜は一般客で混雑し、平日でないとそば会は無理だというのだ。
 みんなの都合はどうかな、と気になりながら出席の返事を出すと、追っかけ電話がある。「店で持っているワラビ畑を特別開放する。袋、軍手、長靴など山菜採りの準備を」と、先達からだ。
 山道に迷いながら着くと、みんなは既にワラビ畑。現地は肥料も施しており、居ながらに袋一杯になる。
 
 店のテーブルには、4種の山菜の小鉢と漬物が。さらにテーブルごとの皿に、なたで割ったようなウドの刺し身に味噌とマヨネーズが添えてある。
 
 酒は前回に続き、米鶴酒造(高畠町)の銘酒。今回は「純米吟醸34号」で杜氏の名前入り。
 膳の山菜はアイコ、ウドのゴマ和え、コシアブラ、ワラビである。ウドもほおばりながら、酒が進む。急な変更参加は16人。吉田さんから「山菜はもちろん、ソバ粉も100㌫地元産」と説明を聞きながら酒が進む。続いて出てきたのは、ニシン入りのワラビ汁。根曲りダケ、ウドの葉も入っている。次はお待ちかねの天ぷらだ。皿をはみ出す、豪快な盛り合わせ。ウド、ワラビ、コゴミ、コシアブラの4種。塩で頂く。
 締めは言わずもがな、ざるそばである。田舎そばらしからぬ細打ち。たっぷり2人前はある。そばに添えられているワサビ、これも地元産だ。お土産にあく抜きしたワラビまで頂いた。
 山菜を堪能した1日だったが、急な日程変更に、常連から先達にはブーイングの嵐だったとか。先達からは「ゴメンナサイ。今後はルールに従います」。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2018/06/07

このページのトップへ