山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第310回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第310回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

ぷりぷりカキ、温かいそば、
大根おろし、まさに絶品コラボ!!
 
阿 相 直 人(仙台市青葉区在住)
 
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 第三一〇回山形三たてそばを食う会は、今年で二十六年目を迎える。

 
 日本列島を襲った寒波、山形自動車道は笹谷峠手前川崎で閉鎖、気温マイナス7℃と半端じゃない雪の中、佐々木りゑさんの運転で七名参加。八百坊でかけ流しの湯に浸かり、身も心もお腹も空っぽにし、メインの宮町、寿々?総本店のかきそばへ。新年、今年も恒例のそば会になりました。
 寒河江から久しぶりの伊藤さん、そして仙台の穴澤氏、少し遅れるも午後二時三十分開始。相澤先達の新年を祝う言葉、と錦爛秋あがり、あら玉の改良信交、同生酒で総勢二十九名で乾杯。前菜はそばあられ、レンコンチップ、海老てまり、赤根ホウレン草和え、そして、口の中でコリッと歯応えのあるもずく酢。これだけでも酒がすすむが、天ぷら三点盛が来、山形の永山さんの差し入れ冬至かぼちゃ(あんことカボチャの甘さもほど良く、絶品でした)。
 
 冬の限定、かきそば。今年もぷりぷり、大振りのカキ、そして温かいそば、大根おろしがマッチし、まさに絶品コラボ!! 寿々?総本店主が、我々の為に宮城の特別厳選のカキをご用意してくれました。
 〆は、これでも充分ではありますが、二八そば。これ又、ほど良い出汁と申し分のない、そば会となりました。
 
 今回参加出来なかった仙台の浦井雄治氏には申し訳ないが、先達よりもう一本追加のお酒がふるまわれ、これ又至福の一時を過ごすこととなりました。  今年一年「山形三たてそばを食う会」が、益々高揚します様に!!  本日も山形のおそばに感謝!! 感謝!!
 

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/02/08

このページのトップへ