山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

2017年1月号

第334回 山形市「羽前屋」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第334回 山形市「羽前屋」 の巻

1世紀続いた老舗のそば店よさようなら
羽前屋らしいメニューでお別れしました
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2

 

山形を代表する老舗そば店の灯がまた一つ消えた。羽前屋(山形市旅篭町)である。

 
 相澤嘉久治先達からの3月そば会案内状は、苦渋に満ちたものだった。「羽前屋さんが今月(3月)いっぱいで閉店することになった。本来ならば羽前屋さんでそば会としたいところですが…」とした上で「お手伝いするご家族の事情もあっての閉店で、30人規模のそば会をお願いする状況ではありません。変則ですが会員の皆さんはグループごとに、あるいは個人でそれぞれが今月中に羽前屋さんに行って最後の羽前そばを賞味してください。それをもって今月のそば会と致します」。つまり、さみだれ参加である。
 例会恒例日の第3日曜日、そば会の相澤代表、浦井雄治副代表(仙台市)と連れだって、店を訪れた。閉店のうわさを聞きつけたのだろう、20人ほどが外に並んでいる。外で待つこと40分。さらに中で順番待ちし、テーブルに座るまで計1時間。いくら老舗店とはいえ、普段はないことである。
 
 最後だから羽前屋らしいものを頼まねばなるまい。浦井さんと2人、まずは羽前もりである。プラス天ぷら盛り合わせ。2人で1皿を頼む。相澤先達は「羽前もりは食べきれないな」と天付羽前にする。
 この店らしいメニューの代表が羽前もり。1.5人前のボリューム。天ぷらの盛り合わせもこの店らしい。白身魚、エノキ、竹輪、ノリなどにたっぷりのおろしが添えられている。羽前もりも、天ぷらも自ら「大衆的」を掲げる姿勢にたがわず、ボリュームや品数の割にはお値段はリーズナブルなのだ。
 
 「本当に手打ちを貫く店は減っている」。山形のそば業界に詳しい相澤先達は話す。基本に忠実、シンプルな姿勢。それがファンに通じているからこそ、閉店を惜しむ客の列ができる。相澤先達の元には「最後の羽前屋を堪能して来ました」というメールが会員から何通も届いた。「さみだれ参加」と言うときれいごとの呼び掛けに聞こえるが、会員は相澤先達の気持ちに応えてくれている。羽前屋の何たるかをそば会の会員は知っているのだ。
 
 最後と思うと、仙台から参加した筆者も感情がこみ上げる。そば湯を、つゆが無くなるまでゆっくり味わった。
 さようなら庶民の店。さようなら羽前屋。その心意気は永遠に。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2019/04/02

第333回 村山市「手打蕎麦 おんどり 」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第333回 村山市「手打蕎麦 おんどり 」 の巻

最上川三難所そば街道にふさわしい季節に
村山市最奥らしい雰囲気を堪能したそば会
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2

 

 立春を迎えるとは言え、寒さが一番厳しい冬は2月かもしれない。「仙台のマンションですか、うらやましいなあ」。そう話す山形市在住の方の車に同乗させていただき、村山市の北西最奥に向かう。積雪のない仙台から、雪の切り通しの中を進む山形へ。まるで別世界、途中から雪が降り出した。

 
 今回の会場は、最奥に位置する「手打蕎麦おんどり」である。相澤先達は、寒さが一番厳しいこの時期、なぜ村山市の最奥を会場に選んだのか。カギは素晴らしい山形1月号の特集「朋ちゃんの最上川三難所そば街道巡り」にある。朋ちゃんが村山市中心部2店を含め14回にわたって連載した。完結総集編が新年特別号として掲載されたことの「お祝い」そば会だ。「おんどり」はそば街道の二番店である。
 テーブルに座ると、始まる前に小鉢が次々並べられる。黒豆、コゴミのゴマ和え、フキ、キクラゲ、風呂吹き大根…。ワラビの1本漬けと2色たくあんはテーブルごとだ。山菜で春の先取り。最奥の地でのそば会にふさわしい肴と雰囲気である。
 石巻市から参加の方の発声で「乾杯!」。外はいつしか本格的な雪になっている。相澤先達が、前回に続き「三たてそば会」の歴史と今後について解説する。「山形には全国に知られた萬盛庵の「山形そばを食う会」があった。先輩格の萬盛庵のそば会を超えないぎりぎりの回数まで続けたい。そのために私は102歳まで元気でいなければなりません」。いつものフレーズである。30人の激励と冷やかしの声が交錯する。
 
 先達が用意した酒は、米鶴酒造(高畠町)の「純米かすみ酒」など1升瓶3本(1升は1.8㍑)。「コゴミはどうやって保存したのかね」「このワラビは唐辛子が効いている」など、そば会らしい肴を愛でながら、会話が進む。「飲まない方もいるので、1人2合ほどは行き渡るはず」と相澤先達。
 
 そうこうするうちに、板そばの登場である。太打ちと細打ちの2色盛り。太打ちは歯ごたえがある田舎風だ。メニューには「ソバはすべて自家栽培」とある。霊峰葉山の登山口山ノ内地区で栽培したソバ粉だけを使っている。「おんどり」は登山口にふさわしく温泉があることでも知られる。ユニークだ。
 主人の佐藤和幸さん(57)が相澤先達の紹介であいさつに立つ。三難所そば街道振興会会長としてまとめ役を務める。雪も激しくなることだし、暗くなっては大変。一本締めでお開きとなった。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2019/03/04

第332回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第332回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

ぷっくりのかきそばを堪能、お腹も心も満足
新年会らしくお酒も十分頂いたそば会でした
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 山形はやはり雪だった。暖冬の予報通り、今冬の仙台は本格的な積雪がまだない。

 
 1月の例会は、恒例「寿ゞ㐂総本店」(山形市宮町)での新年会である。目玉はもちろんかきそば。相澤先達からの案内状には「北山形駅から徒歩5分」とあったが雪を見るとタクシーになる。
 新年会と銘打っているせいか、会場はどこか華やいだ雰囲気である。差し入れのお酒が何本か見えるせいかもしれない。
 席には銘々に突き出し、テーブルごとに漬物盛り合わせが用意されている。一升瓶(一升は1.8㍑)がテーブルごとに立てられる。まずは乾杯である。
 
 順序は逆になるが、乾杯後相澤先達があいさつに立ち、三たてそば会とはそもそもどんな会であるか、説明がある。新年らしい展開である。
 各テーブルでは、差しつ差されつ、飲みながらの懇談が始まる。「そば会のお酒は2本まで」。普段は原理原則にうるさい相澤先達だが、この日ばかりは差し入れのお酒もすべて出される。続いて出てきた肴はむきそば。次に天ぷらである。マイタケ、カボチャ、ナスの盛り合わせ。
 
 肴はやや控えめなのに、お酒いつもよりたっぷりである。相澤先達が用意したのは、生酒と超辛純米など米鶴酒造(高畠町)の3本セット。お酒がはかどる。肴が先に無くなって、漬物のお代わりを店の人におねだりする人もいる。
 初参加者、久々の参加者の紹介、あいさつが続く。
 そうこうするうちに「かきそば」の登場である。この時期、店の看板メニューであることは、玄関にかきそばだけがメニューとして看板が出ていることでも分かる。
 出されたのは、ハーフサイズのかきそばである。とは言っても、ぷっくり牡蠣が2個どんと乗っている。セリ、おろし、切り昆布も添えられてフルサイズとそん色ない。市内の他のそば店ではこのメニューはまずお目にかかれない。
 多くの人があっという間に平らげる。やや間があって、締めはせいろである。デザートが出てお開きとなった。
 お酒が入ると、またタクシーとなる。「ワンメーターの距離なのに」との声もちらほら。酔いも手伝って、お腹も心も満ちて家路に就いた。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2019/02/05

第326回 中山町「和風れすとらん むら熊」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第326回 中山町「和風れすとらん むら熊」 の巻

映画上映、芸能披露、そば会の3本立て
相澤先達の人脈が生んだぜいたくな構成
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真1
写真1
写真2
写真3
写真4

 
 いつもの会費でこんなぜいたくなそば会があっていいのだろうか。通常のそば会に加え、第1部として映画上映、第2部そば会の中ではプロの歌舞団による芸能披露…。今日は3本立てである。
 5月の例会が、変則日の開催となり、常連からブーイングが起きたことは、ことし6月号で触れた。ところが、7月例会もルールより2週間遅い最終日曜日の29日開催になるという相澤先達からの電話連絡である。その理由が、会場の中山町長崎「むら熊」に来て分かった。
 着くと店2階の大広間はほの暗い。上映されたのは、相澤先達自身が製作・脚本・主演したドキュメンタリー映画「みんなで創った阿波根昌鴻(おじい)の舞台」。昨年10月に山形市で開かれた映画完成祝賀会では、ダイジェスト版の披露だったが、今回は1時間53分の完全版だ。
 プロによる芸能とは、兵庫県姫路市を本拠地とする民族歌舞団「花こま」の手になるもの。
 一行4人の団員とそば会参加者は大広間で一緒に映画を鑑賞。第2部のそば会では、花こまの皆さんは「おはやし」「寿獅子」の2演目を披露した。「おはやし」は和太鼓、笛、鉦でのにぎやかな演奏。「寿獅子」は縁起物で1人立ち獅子での熱演の後、参加者の頭を噛んで回り無病息災を祈った。もちろんノーギャラの特別サービスだ。
 相澤先達は、伊江島での反戦活動に学ぼうと沖縄通いを続けているが、その伊江島で「花こま」と出会い、交流を続けている。同歌舞団はこの夏1カ月にわたる公演のため北海道に向かうが、この日山形に「寄り道」した。相澤先達が「みんなで創った阿波根昌鴻(おじい)の舞台」を、山形県内35市町村で上映するということをきいて、応援に駆けつけたのだ。
 上映会場続きの大広間には、そば前の肴がセットされた。先付はスベリヒユお浸し。前菜はチーズ酒盗あえ、卵焼き、カイワレハム巻き、糸コン煮。小鉢は豆腐山形だし掛け、煮物がナスとシシトウ煮など多彩。後でナスなどの漬物もテーブルごとに。
 
 乾杯、となるのだがここで花こまの藤尾代表から姫路市・下村酒造店の純米酒「奥播磨」1本(1本1.8㍑)の差し入れがある。披露の後、参加者全員に注ぎ分け、やっと「乾杯」。花こまの一行も奥で着替え、そば会の座に加わる。肴も牛すじ煮、天ぷら盛り合わせ(ゲソ、オカヒジキ)が追加。
 初参加者のあいさつ、映画の感想などと会が進むうち、お待ちかねの「むら熊」主人手打ちの見事なそばが登場。お酒もたっぷりで、夕暮れの気配の中お開きとなった。
 民族歌舞団「花こま」は日本文化の伝統を守り育てよう、を合言葉に1987年に結成された。手持ちの演目は和太鼓、獅子舞い、南京玉すだれ、もちつきばやし、人形芝居と幅広く、海外を含む各地で精力的に公演活動を続けている。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2018/08/07

第324回 山辺町「そば処 弁天」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第324回 山辺町「そば処 弁天」 の巻

たっぷりの山菜尽くしを楽しんだ一日
ワラビ採りまで体験する豪華版でした
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真1
写真1
写真2
写真3
写真4
写真7
写真6
写真8
写真9

 

 
 この春は季節の進み方が早い、という話をよく聞く。2月までは寒かったのに、3月になると暖かい日が多くなり、桜の開花も記録的な早さだった。
 いつもの年なら、山形の山菜は6月が盛りだろう。ところが相澤先達から、びっくりする案内状が届いた。「5月のそば会を、15日(火)に開く」というのである。所は、先達の生まれ故郷・山辺町の「そば処弁天」。ご主人吉田正春夫妻が自ら採った山菜の天ぷらを楽しみながらのそば会だ、と。
 5月の例会は、第3日曜日がルール。山菜の進み方が10日から2週間早いのと、弁天の営業日は土、日曜日の週2日で、とりわけ日曜は一般客で混雑し、平日でないとそば会は無理だというのだ。
 みんなの都合はどうかな、と気になりながら出席の返事を出すと、追っかけ電話がある。「店で持っているワラビ畑を特別開放する。袋、軍手、長靴など山菜採りの準備を」と、先達からだ。
 山道に迷いながら着くと、みんなは既にワラビ畑。現地は肥料も施しており、居ながらに袋一杯になる。
 
 店のテーブルには、4種の山菜の小鉢と漬物が。さらにテーブルごとの皿に、なたで割ったようなウドの刺し身に味噌とマヨネーズが添えてある。
 
 酒は前回に続き、米鶴酒造(高畠町)の銘酒。今回は「純米吟醸34号」で杜氏の名前入り。
 膳の山菜はアイコ、ウドのゴマ和え、コシアブラ、ワラビである。ウドもほおばりながら、酒が進む。急な変更参加は16人。吉田さんから「山菜はもちろん、ソバ粉も100㌫地元産」と説明を聞きながら酒が進む。続いて出てきたのは、ニシン入りのワラビ汁。根曲りダケ、ウドの葉も入っている。次はお待ちかねの天ぷらだ。皿をはみ出す、豪快な盛り合わせ。ウド、ワラビ、コゴミ、コシアブラの4種。塩で頂く。
 締めは言わずもがな、ざるそばである。田舎そばらしからぬ細打ち。たっぷり2人前はある。そばに添えられているワサビ、これも地元産だ。お土産にあく抜きしたワラビまで頂いた。
 山菜を堪能した1日だったが、急な日程変更に、常連から先達にはブーイングの嵐だったとか。先達からは「ゴメンナサイ。今後はルールに従います」。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2018/06/07

1 2  次へ 

このページのトップへ