山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

[前のページに戻る]

第328回 南二番町「扇や」 の巻

CIMG4241.JPG

 

山形三たてそばを食う会
第328回 南二番町「扇や」 の巻

一皿に込められた数々の肴の工夫を愛で
創作そばに見る斬新な挑戦の勇気に驚く
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
CIMG4248.JPG
CIMG4236.JPG
CIMG4237.JPG
CIMG4232.JPG
CIMG4230.JPG
CIMG4245.JPG
写真6
写真6
写真6
写真6

 

 
 定例日の例会開催は、3カ月ぶりだろうか。さまざまな事情が重なり、イレギュラーな開催が続いた。
 現代人はみんな多忙だ。そば会はサロンであり、あくまで「お遊び」である。なのに、定例日開催でない、という理由で出席できなかった人も多い。今回は、久々の常連が何人か顔をそろえている。
 
 今日の会場は扇や(山形市南二番町)。そば茶屋、そば居酒屋の二枚看板を掲げる。これは、そば前の肴に期待を抱かせるに十分だ。
 案の定、テーブルには銘々に、突き出しの皿が用意されていた。肴のラインアップは…。ソバの実入り卵焼きのあんかけ、自家製ソバ味噌が掛かったコンニャク田楽、サンマの梅肉煮、トマトと玉ネギのカレー味ピクルス、ナスのヌタ掛け。ヌタは枝豆をすりつぶした、仙台で言う「ずんだ」である。
 加えてのり可愛いいノリ巻きがある。おかみの幸子さんに聞くと「キュウリの涙巻き」。涙が出るほどワサビが効いている、との意らしい。
 ほかにテーブルごとには大皿の漬物が。ナス、キュウリの定番に加え、キュウリを塩昆布などで炊いた佃煮風漬物がある。
 
 相澤先達のあいさつもそこそこに、乾杯!。お酒2本(1本1・8㍑)が登場する。このところ先達はなぜか米鶴にご執心である。この日はひやおろし純米酒と超辛純米酒。
ふと気付く。座敷の奥、ガラス戸の向こうでご主人江口登志夫さん(57)が懸命にそばを打っている。オール手打ちを実演で示しているのだ。
 そば前が進むうち、もう1品肴が出る。小皿にレタスを敷き、ナス、カツオ節が付け合わされている。深みのある辛さ、再度おかみ・幸子さんの解説。「茄子ピリサラダそば」と名付けられた「創作そば」だという。「創作そば」はこの店の3枚目の看板である。豆板醤などで味付けした、ユニークな1品だ。
 
締めに登場するのは、二八せいろ。中細打ちのやぶ系そばである。上に「そばはっと」のような幅広い、そばの王様のような奇妙なものが乗っている。幸子おかみに聞くと「はっとの食感でそばの味を楽しんで」と工夫したという。お客さんの提案がきっかけ。創作そばの看板に恥じない挑戦に驚く。
おかみの白い割烹着が印象に残る、そば店の定型にはまらない店だった。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2018年 | 情報更新日:2018/10/03

このページのトップへ