山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第315回 山辺町「ぶん文」 の巻

CIMG3704.JPG

CIMG3717.JPG

山形三たてそばを食う会
第315回 山辺町「ぶん文」 の巻

やはり貫けなかった「お酒なしの例会」
人気の「ぶっかけそば」を堪能した一夜
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
CIMG3723.JPG
CIMG3720.JPG
CIMG3714.JPG
CIMG3716.JPG
CIMG3726.JPG
CIMG3726.JPG

 

 慌ただしい案内だった。いつもの手紙でない。電話での連絡。なんでも相澤嘉久治先達が17年ぶりに風邪をひいて、1週間寝込んだという。日にちは決まっているので、手紙を出すいとまがなかった。
 電話の中で「おやっ?」と思わせる言葉があった。「お酒なしの例会とする」と言うのだ。今回の会場は、先達の古里山辺町の「そばやぶん文」。店からは「急な依頼なので肴は用意できません」との断り。
肴がなければそば前を出しても仕方がない。三たてそば会史上初めての「お酒無し例会」。本当に実現したのか?
 ぶん文の人気メニューは「ぶっかけそば」。「せいろ」も出ると言うが、乾杯のセレモニーもなしに最初からもくもくとぶっかけそばに挑戦するのだろうか。どうもそば会のイメージにならない。
 JR左沢線羽前山辺駅から、タクシー乗り合わせで会場へ。店席の造り上2グループに分かれる。テーブルには小鉢が3個ずつ並んでいる。ナメコ煮、キクラゲ、キュウリとナスの漬物。「やっぱり酒なし例会は幻かな」と予感させる。
 相澤先達があいさつに立つ。風邪をひいたいきさつの後「実は店からお酒を1本頂きまして…」。16人の参加者で1本だから銚子に分け、「おしめり」程度に頂く。「お酒なし」の案内で車で来た方もいて、飲んだのは参加者の3分の1程度か。
乾杯の発声もない、もの静かなそば前である。おかげで? 筆者は参加者の全景を撮る機会を逸してしまった。
 「かつてそば処みねたの主人、峯田徳重さんは山菜王と称せられた。一さんは彼の血を引く甥御さん。無理に今回引き受けていただいと」と、趣旨を説明した。
 乾杯の発声が終わると、盛り合わせの山菜に一斉に参加者の箸が伸びる。ワラビ、ウドの白和え、フキ炒め、山菜ではないがキャベツとキュウリの漬物。用意された酒がテーブル間をぐるぐる回る。
 続いて出たのがワラビの1本漬け、タケノコ・ウルイ・牛肉の炊き合わせ。やや間を置いて天ぷらの盛り合わせ・コシアブラ、タラの芽、タケノコの3点セットだ。

 

 締めは二八そばのせいろ。終わってみると、やはりいつものそば会とは雰囲気が違う。
そば会は「そば」を仲立ちにしたコミュニケーションの場であるが、お酒の役割も大事だ、と感じた例会だった。
そば前の言葉通り、そばを待つしばらくの時間、飲みながらのさりげない会話、それが独特の雰囲気を作っていたのである。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/08/07

第314回 山形市「純手打そば きよすみ」 の巻

CIMG3704.JPG

CIMG3717.JPG

山形三たてそばを食う会
第314回 山形市「純手打そば きよすみ」 の巻

山菜の季節のそば会はやはりこの店
主人の配慮がうれしい寒ざらしそば
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
CIMG3723.JPG
CIMG3720.JPG
CIMG3714.JPG
CIMG3716.JPG
CIMG3726.JPG

 

 
  5月は山菜の季節。そばと山菜は相性がいい、と思っている人が多い。
 今月の会場は「純手打ちそば きよすみ」(山形市やよい)。筆者が参加したそば会だけでも、3回目のおじゃまである。それも5月ばかりだ。
 相澤先達は「5月例会には山菜が欠かせない」と、他の店も当たったらしいが、どうやらOKをもらえたのは「きよすみ」だけだったらしい。
 好天に誘われ、仙台からの友人と2人徒歩で山形駅西口から会場に向かった。ぎりぎりの時間になり、相澤先達は「今日4本の酒を用意したが、
久々気仙沼から参加のKさんを始めお3方から差し入れがあった。よって用意したうち3本は次回用の在庫にする」などと挨拶が始まっていた。
 だからかどうか、空き席を探し座ると、テーブルには既に山菜が並んでいた。せかすような雰囲気を制し、相澤先達は「ご主人をまず紹介したい」と
峯田一さん(57)夫妻を会場に招き入れる。
 「かつてそば処みねたの主人、峯田徳重さんは山菜王と称せられた。一さんは彼の血を引く甥御さん。無理に今回引き受けていただいと」と、趣旨を説明した。
 乾杯の発声が終わると、盛り合わせの山菜に一斉に参加者の箸が伸びる。ワラビ、ウドの白和え、フキ炒め、山菜ではないがキャベツとキュウリの漬物。用意された酒がテーブル間をぐるぐる回る。
 続いて出たのがワラビの1本漬け、タケノコ・ウルイ・牛肉の炊き合わせ。やや間を置いて天ぷらの盛り合わせ・コシアブラ、タラの芽、タケノコの3点セットだ。

 

これまでのように、名前も分からないようなマニアックな山菜は出なかったが、会話はテーブルごとで完結していた。
つまりは、みんな山菜を食べるのの忙しかった、ということ。
 締めくくりの「ざる」は、特別に残しておいていただいた寒ざらしそば。これは1人1枚切りだったが、普通のそばはお代わり自由。
細打ちで、するりとのどを通った。
 初参加者の紹介があった後、相澤先達から来月の「ソバ花見の会」の案内がある。新趣向の催し、どうなるか楽しみである。
 

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/06/05

第313回 山形市「手打蕎麦・地鶏料理 花火」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第313回 山形市「手打蕎麦・地鶏料理 花火」 の巻

ミスマッチの心配も何のその
そばも焼き鳥も本格派でした
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2

 

 
 うわさには聞いていたが、入ったことがない店。よくある話である。今回の会場、「花火」(山形市成沢)は手打ち蕎麦と地鶏料理が2枚看板。もっとくだいて言うとユニークにも「焼き鳥を出すそばや」として知られている。
 わが三たてそば会の参加者は大きく山形衆と仙台衆に大別される。このところなぜか山形衆の劣勢が続いている。多くは8:2で仙台衆が多い。ひょっとすると9:1と山形衆が小さくなっている例会もある。
 今回の参加者は30人。久々に山形衆の参加が多い。相澤先達によると、それでもまだ6:4で仙台衆の方が勝っているとはいうが…。どうして今回は山形衆が多いのか。
 筆者なりに理由を推測してみた。山形からの参加者に聞いたわけではなく、全くの独断である。手打ちそばに焼き鳥、というミスマッチの店? とは聞いていたが実際どんな雰囲気の店か分からない。いい機会だから参加してみよう。そんな心理が働いたのであるまいか。
 
 閑話休題、通された部屋はイス席。そばにも焼き鳥にもにつかわしくない、しゃれたセット。テーブルに並ぶのは山形だしが掛かった寄せ豆腐とオカヒジキの小鉢。ここまではそば会の肴らしいいが、野菜サラダが添えられている。またまたミスマッチ。
 そば前が四つのテーブルごとに1本立つ。相澤先達自身の発声で「乾杯」。好きな杯を選んで、と店から言われたせいでもあるまいが、お酒の減るピッチが早い。テーブル間でお酒の「トレード」が行われる。
 じらすでなし、急ぐでなし、絶妙のタイミングで待望の焼き鳥が登場する。1人当たり若鳥、砂肝、ネギ各1本である。火の通り具合といい、ボリューム感といい、食べ応えのある1本である。相澤先達は案内状で「安い会費で焼き鳥まで出してもらえるかどうか」と心配していたが、やっと安堵の表情。参加者の顔にもそば会との違和感はなく、見えるのは満足感だけ。

 

 料理の締めくくりは孟宗椀。味噌味の新タケノコ汁に菜花の緑が浮く。目と舌で感じる春。板そばは皿で出る。大蔵村産の在来品種「最上早生」を石臼で挽いた粉だという。やや黒ずんだ細打ち。焼き鳥に負けずこちらも正統派。
 なぜかこの日は会がテンポよく進み、終了予定の30分前に酒もそば湯も終わった。久しぶり参加の人も多く、相澤先達の指名で何人かが自己紹介。そば店の中で「仙山交流」が続いた。
 先達からは5月例会の予告があったが、それは言わぬが花というものだろう。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/05/08

第312回 西川町「本格手打ち武兵エそば」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第312回 西川町「本格手打ち武兵エそば」 の巻

本格手打ちの看板に恥じない10割そば
独自のメニューかいもちでお腹も大満足
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 
 自分たちのしていることが、当人たちの知らないところで大きな反響を呼ぶ。そんなことはざらにあることでない。筆者は偶然そんな現場に居合わせた。
 今回の会場は西川町の「本格手打ち武兵エ(ぶへえ)そば」。相澤先達の案内状によると、本格手打ちそばと「かいもち」で知られているという。
 
 筆者は前日同じ時間帯、はるか会津の「第20回会津山都寒晒しそばまつり」の会場に居た。山都とは、福島県旧山都町のことで平成の大合併で喜多方市の一部になったが「山都そば」の名前で知られる古くからのそばどころ。
 仙台から大型バス1台、40人で参加した。山都そばまつり実行委員会から「みやぎ会津会」(主に会津出身者で構成)が全面招待を受けた。バス代からチケット代まで丸抱え。さすがに参加者から会費を集め相応のご祝儀を渡したが、実行委ではなぜそんな大胆な行動に出たか。仙台マーケットで山形そばの知名度が急速に上がっているのを知り、危機感を抱いたからである。
 山都そばの面々に危機感を抱かせた張本人は、ほかでもない我らが先達相澤嘉久治さんである。それを物語るように武兵エそばの会場を埋めた参加者29人の7割方は仙台からの参加者。
 西川町に向かう車中相澤先達は「今日は限られた会費で板そばとかいもち(そばがき)の両方を出してもらうから、そば前の料理はあまり期待できないな」そう漏らしていた。テーブルの上には小鉢が四つ並んでいたが、うち2個はかいもち用のたれ。料理はゼンマイとおひたしの小鉢だけ。「これで酒を飲むのはきついな」正直そう思った。

 

 乾杯で始まり、4本用意された(うち3本は差し入れ)のお酒を楽しむうち、天ぷらが出る。エビ、ゲソなど5点を塩で頂く。次はそばずし、アサツキのぬたなどと一皿に。これでそば前を頂くには十分。
 酒が切れかかったところで、かいもちの登場である。皿に上にこんもり乗っている。練ったそば粉を真似のできない調理法で作る。本来1皿で1人前だが、今回は2人で分け合う。他店にはない独特の一品。ヱゴマしょうゆ、おろし納豆の2種類のたれで楽しむ。
 10割の板そばで締めくくり。ひきぐるみ粉らしく黒いが透明感がある。細いのにしっかりした歯ごたえ。本格手打ちを名乗るだけのことがある。
 最後に、創業者の渡辺真喜さん(42)が両親と共に登場しそあいさつ、相澤先達が紹介する。
 訪れる人も少ない田舎? の隠れた名店である。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/04/06

第311回 山形市「そば茶屋・そば居酒屋 扇や」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第311回 山形市「そば茶屋・そば居酒屋 扇や」 の巻

山形地産地消てんこもり!!
 
菅 野 信 子(仙台市宮城野区在住)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 
 先ず店構えに「そば屋さんなの?」と店内へ。大正ロマンのポスターや手作品、工芸品が飾られ、懐かしさ、親近感を覚える「そば茶屋、そば居酒屋 扇や」さんが、山形三たてそばを食う会、第三一一回、二月の会場です。
 初参加の男性一名を加え、総勢二十九名、相澤先達の挨拶、村岡さんの乾杯! でいつものように和気あいあい賑やかに始まりました。
 
 前菜に「オッ!!」とニッコリ嬉しくなったのです。ぶりの照焼、だし巻玉子、お浸し、煮物、そしてあん肝! くじら刺し! ぎばさ酢に大感激!! 「秋あがり」、「あら玉」、会員の方からの「墨廼江」でなごやかに進行(都合で欠席の穴澤氏、浦井氏ゴメンナサイ)。二八そばに巾広そばが盛られ、のどごしよく食し、山形のお漬物の盛合せ、げそ天、あたっかいそばと両方味わえました。あったかいそばは、店特製の鳥つくねの味とごぼうの味が見事に融合し、美味しかった!!
 途中、大正浪漫のビールポスターが会員の女性に似ていると相澤先達の指摘で笑い。会員最年長の方が実は女性と判明。彼女の手仕事に感嘆と大いに盛り上り、各々歓談しながら、〆に御店の御厚意でもりそばを限定でふるまわれ、原稿の事を忘れてしまいたい、忘れていた時間でした。又、今年は山辺町に畑を借り、そば作りを!! 三たてそば会を更に身近に、会員の方々の御協力をとの発表もありました。
 
 そば茶屋、そば居酒屋 扇や」さんは山形県産「でわかおり」を使用。山形市地産地消の店に認定されています。山形名物料理、豊富なメニュー、そば好きにも酒の席にも、嬉しいお店です。店内にさり気なく飾られた「一人一人の優しさが大きな力になる」と。
 弥生、三月も元気な笑顔で御会いしましょう!!

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/03/07

1 2 3 4  次へ 

このページのトップへ