山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形そばを食う会

山形そばを食う会

第322回 上山市「原口そばや」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第322回 上山市「原口そばや」 の巻

酒の肴なし、そばの注文は各自の異例パターン
名物そばがきはそれに勝る絶品の味で話も弾む
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 
 蔵王山系の登り口に位置する農村集落。その中に1軒だけ存在するお店、それが今回の会場「原口そばや」(上山市)。店名は集落の地名に由来する。山形市から車で30分ほどの距離だが、今回は原則現地集合のお達しである。
 農家の座敷そのままに並べられたテーブルに就くと、相澤先達は「会費はまだ集めないで」と言い残して調理場の方に消えた。なぜ?
「今日はお酒の肴はありません」。戻った先達から出た言葉は驚くべきものだった。「お酒代だけを集めます。あとは自分が食べたいものをメニューから選んで注文してください。お酒は米鶴酒造(高畠町)の3本を用意しています」。
 定型崩し極まれり。長い三たてそば会の歴史でもおそらく初めてである。お酒の「当て」は各テーブルに1皿の白菜漬だけ。「分かっていれば何かつまみを用意してきたのに」。参加者からは恨み節も。中には情報を事前にキャッチした人もいて、用意したサラミソーセージが回される。
 
 聞けば店からは「一般のお客さんが多く、料理は用意できない」と言われた。相澤先達は、そこまで言われながらなぜこの店を選んだのか。答えは原口そばや名物の「そばがき」を味わってほしいと、と考えたからだ。
 多くの人がそばがきとざるそばを注文する。メニューには、肴になりそうなものはない。でも各テーブルの話は弾む。おそらくは米鶴のお酒が「超辛口純米酒」を始めとして、旨い酒ぞろいだったからだろう。おいしい酒は肴がなくても飲めるのだ。頼み込んで、ナス漬を出してもらった。
 
 お待ちかねのそばがきが出る。ゴマだれ、納豆だれから選ぶ。筆者はゴマだれを選んだ。先達から「かつてマシュマロのようだ、と表現した女性がいる」と紹介があった。軟らかさといい、たれとの相性といい、絶品である。蕎麦の食べ方としては、そば切りより歴史が長い、とも聞いた。
 締めのざるそばは、2人前はあろうかというボリューム。本格派だった。頂いた店の名刺には「味なら日本一」とあった。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2018/04/05

第320回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

CIMG0459

CIMG0459

山形三たてそばを食う会
第320回 山形市「寿ゞ㐂総本店」 の巻

ぷっくりカキが乗った温かいそばをいただき
新年会を兼ねた華やかさを感じる例会でした
 
穴 澤 鉄 男(元河北新報山形総局長)
 
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2
写真2

 

 わが三たてそば会の1月例会恒例となった観がある「かきそば」。会場は言わずと知れた寿ゞ㐂総本店(山形市宮町)。

 
 そばは「せいろ」が本筋かもしれないけれど、寒い季節は温かい種ものも捨てがたい。となると、そばと今が旬のカキとはすぐ結び付きそうである。ところが、そばのまち山形でも「かきそば」をメニューにしている店は、ここ以外ほとんどないという。
 そばに負けない、ぷっくり太ったカキの入手が簡単ではないのだ、きっと。
 その辺りの事情は、相澤先達からの案内状からも伺える。1点は「今回に限り、会費を300円多く頂きたい」。それだけ値の張るメニューなのだ。2点目は「参加申し込みは水曜日正午まで」とある。第3日曜日が定例会で、通常は土曜日正午が締め切り。早めに数を伝えねば、店でもカキを用意できない。
 
 テーブルには突き出しの小皿が用意される。ギンナン、山芋のサーモン巻き、レンコン揚げなど。それぞれに金爛の2合瓶(1合は180㍉㍑)が用意してある。これだと不公平感がない。
 ところがあいさつに立った相澤先達からは、意外な紹介があった。「きょうは新年会を兼ねている。本席へお酒3本(1本1.8㍑)の差し入れがあった。これを含めてにぎやかに行きましょう」。
 
 そば前が進み、突き出しが無くなるころ、肴に追加のむきそばが出る。テーブルごとに青菜の漬物でる。すると差し入れの1升瓶が回り始める。
 初対面同士の話も弾み、初参加者の自己紹介もあって、いつもの例会とは異なる正月らしい華やかさが感じられる。今年第1回の会合である。
 昨年10月、相澤先達が監督、出演したドキュメンタリー映画の完成祝賀会が山形市内のホテルであったが、発起人代表からは参加お礼の挨拶があり、その日の感激を思い出した。締めのせいろが出て、散会の時刻を迎えると外の雪は白さを増し、暮れ初めていた。
 お酒の量だけではない。正月らしい、どこかめでたい盛り上がりである。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2018/02/05

山形三たてそばを食う会 2017年度忘年会

IMG_5115.jpg

IMG_5117.jpg

IMG_5120.jpg

山形三たてそばを食う会 2017年度忘年会
天童グランドホテル 舞鶴荘

 
 
阿 相 直 人
 
image3.JPG
IMG_5102.jpg
image5.JPG
IMG_5114.jpg
IMG_5124.jpg
IMG_5118.jpg
IMG_5100.jpg
image4.JPG

 

 

 佐々木りゑさん運転、木村加代子さんと私、関山峠を越えて山形に入ると、所々雪があり、仙台と山形の寒暖の差を感じた。
 会場へ行く前に、三人で今年どうしても食べたい、村山市「そばやかた樽石」のなめこ蕎麦に!!

 あいも変わらず97才27代目たか大姉は健在。先月ホテルキャッスルで催された相澤先達の会の事、しっかりお話をされて居りました。

 舞鶴荘!! 早めのチェックインで、開湯から百年の年月を経ても、ナトリウム、カリウム、硫酸塩温泉は「美肌の湯」として古くから親しまれて居り、45㍑/分 100%かけ流し、しかも24時間入浴可!! という処がいたく気に入りました。湯上り後はさらっと、あったまり、荒れていた手指がすべすべとなって居りました。
宴会は16名、5時過ぎより始まり、最初はビール、酒は錦爛、そして琉球泡盛、上質の山形牛!! 井上支配人の趣向で何と舟盛の牛あらかると!! これには私もビックリ!! 感服致した次第でありました。

 みんなで囲む焼肉は話しも弾み、最高の宴会となりました。今年一年山形の恵みに感謝。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。

カテゴリ:2017年1月号 | 情報更新日:2017/12/27

第319回 高畠町「ゆうきの里さんさん」 の巻

CIMG3704.JPG

CIMG3717.JPG

山形三たてそばを食う会
第319回 高畠町「ゆうきの里さんさん」 の巻

 
 
CIMG3723.JPG
CIMG3720.JPG
CIMG3714.JPG
CIMG3716.JPG

 

~例会案内状~
 十一月ともなれば新蕎麦の季節だが、今回はちょっと遠出をして高畠町へと足を伸ばした。会場は上和田にある「たかはた・ゆうきの里さんさん」。ログハウスもある様々な農産物加工体験ができる施設で、味噌作り・とうふ作り等のコースの他に、そば打ち体験コースもある。この施設は、無農薬高ミネラルの薬玄米を超深炒りした深炒り玄米粉を商品化した和法薬膳研究所と菊地農園を経営する菊地良一さんが、そば打ち体験を指導している所。今回菊地さんが当そばを食う会のために特別に会場を設定して下さり、菊地さん自らが蕎麦粉一〇〇%の蕎麦を打ち、私達に御馳走して下さることになったもの。
 当日は生憎のみぞれが降る寒い日だったが(流石に山形は仙台よりも季節の進みが一足早い!)、菊地さん手打ちの十割蕎麦に期待いっぱいの蕎麦好きが集まって来た。(中には少し早めに来て、日本三文殊の一つに挙げられる亀岡文殊を参拝してきた人達もいたようだ。)集まったのは全部で二十余名で、遠いにもかかわらず、半分以上はいつものように仙台衆だ。
 例によってそば会は酒の乾杯で始まるが、今回用意されたのは地元高畠の地酒、「錦爛」吟醸酒。蕎麦に酒は付き物と云う訳で、蕎麦好きには酒好きが多く、酒呑みには「錦爛」吟醸酒三〇〇mlを一本ずつ配布したが、車の運転者には烏龍茶で我慢してもらう。酒のつまみは地元高畠の高砂屋さんが創ってくれた折詰め。酒呑みは「錦爛」で、呑まない人は烏龍茶で先ずは乾杯。酒が入ればそれはそれは、いつものようにそこここに話題の花が咲き盛り上がる。そうこうしているうちに、菊地さん手打ちの蕎麦が出る。新蕎麦の香り豊かな腰の強い盛り蕎麦だ。蕎麦をすすり始めれば、それまでの話しも中断して喧騒も止む。そしてそちこちに「お代り」の声が上がり、菊地さんが盛り蕎麦を追加して回る。香り豊かな今年の新蕎麦は、菊地さん手打ちの腰の強い十割蕎麦で、参加者全員が満足の態だ。こうして「山形三たてそばを食う会」の今年の新蕎麦の季節が始まった。
 地酒「錦爛」と菊地さん手打ちの新蕎麦十割に堪能してそば会がお開きになった後は、菊地さんの格別の御好意で、菊地さん栽培のミネラル野菜「ゲンキナ」の菜摘みが用意されていた。「ゲンキナ」は和名アカザカズラと云うツルムラサキの仲間の蔓草で、老化防止や血液サラサラに効果があるとか。お浸しやサラダ、味噌汁の具にいいが、しゃぶしゃぶのようにして食べるのが美味しいそうだ。各人家への土産にビニール袋いっぱいにゲンキナの葉を詰め込んだ。初冬ともなれば日暮れも早い。皆々そろそろ薄暗くなりつつある中、家路を急いだ。

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/12/07

第317回 名取市「焔蔵」アタラタ店 の巻

CIMG3704.JPG

CIMG3717.JPG

山形三たてそばを食う会
第317回 名取市「焔蔵」アタラタ店 の巻

 
 
CIMG3723.JPG
CIMG3720.JPG
CIMG3714.JPG
CIMG3716.JPG

 

~例会案内状~
 朝夕めっきり涼しくなりました。皆さん、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
 さて、九月の例会は、久しぶりに宮城県内のお店です。名取市の「焔蔵」アタラタ店。山形県最上郡大蔵村(肘折温泉のある所です)で穫れた在来種の「最上早生」100%の二八そばです。正直言います。小生はでわかおりよりこちらの最上早生が好きです。浦井さんもいつか、そんなことを言っていた記憶があります。
 昨日、行って来ました。親会社の山形の建設会社が建てた木造の洒落た、そば屋らしからぬ店です。和風レストランと言った感じ。名取川の辺りにたたずみ、恋人と行きたい感じ。しかし、そばは山形のそば。本物でした。
 初秋の宵、皆さん、お互いに恋人気分でお会いしたいものです。        (代表)

 

以上、第三一七回、九月例会の案内文である。「山形三たてそばを食う会」は毎月、代表によるこのような案内文から始まる。そして本誌上に毎月紹介されているような例会が繰り広げられてきたのである。
 ところが今回、写真に見るように豪華なご馳走が次々と提供され、会員を驚かせた。一つは代表のお店に対する説明が不足していたようで、そば会というよりも飲み会と受け取られてしまったようなのである。二つは、お店の厚意による大サービス。素敵な雰囲気の店内で会費の倍ほどのご馳走を堪能したのであった。
 この次伺ったときは、 「最上早生100%の二八の板そばください」 とはっきり注文したい。            (編集部)

 


 

そば会にはどなたでも参加できます。希望者はFAX 023(634)6487へ住所・氏名・電話番号を記して申し込んでください。毎月、案内を差し上げます。会費は、酒代込みで2700円です。

カテゴリ:2014年10月号 | 情報更新日:2017/10/06

1 2 3 4  次へ 

このページのトップへ