山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り2月号

IMG_1322.JPG

第六回 「板そばの里 村山 手打ち塾」の巻

IMG_1330.JPG
IMG_1333.JPG
キャプチャ.JPG
IMG_1328.JPG

芦 野 朋 子

 村山市は、本来「蒸ら山」から語源を得ている。ここ「そば匠たきた」は、二〇〇四年六月に開店した。それまでは、スーパーマーケットだった。元々が酒屋で、今は手打ち塾もかねている。
 
お品書き
 ごてんもり 八〇〇円
 もがみがわもり 一〇〇〇円
 日本海盛り 一五〇〇円
 
 店主が打つそばも、もちろん美味しいが、自分で打ったそばを試食してみるのも良いだろう。小学生から大人まで、全員体を動かしてそば玉を練る。何たって、そういうリフレッシュも必要だ。そんなそば文化の伝え手であるのが、「たきた」だ。
 
 今日の漬け物は、自家製のおみ漬けと沢庵。赤い赤い尾花沢大根が出た。店主は、そばだ。それから、天ぷら・漬け物・つゆは奥様だ。季節の天ぷらは、評判だ。かぼちゃとヤーコンとナスとわさび菜にちくわを味わった。
 
 つゆも、もちろん自家製で、岩ノリとねぎで食べる。おそばは、きれいで、沢山食べられる。田舎そばらしくはないんだけれど、それはそれで万人受けする。外、二・八だから一番旨いかもしれない。
さて、そば打ち体験の案内をしよう。
 そば打ち体験は、午前十時からだ。お食事は午前十一時から午後二時まで可能だ。体験のご予約は二日前までに願いたい。ちなみに、火曜日は定休日だ。楽しく打って、食べて満足は、感想だ。親切な指導で、あなたもきっと師範クラスだ。
 こちらのそば屋さんは、聞くも楽しいおしゃべりをしてくれる。そんなに古い店ではないけれど、どこか時代を感じさせる。それが、やはり良い人たきたの親父さんの人柄だ。
 河島街道も、昔の道路が拡張された。そんな場所だが、見捨てないで欲しい。新しく広い道路だけを、応援しないでくれ。旧道は旧道で良い。だだっ広い道路は、無味乾燥だ。新しく広い道路だけになってしまったならば、田園地帯の続く農村の風景は失われてしまうだろう。山形に生まれ、山形に生きる。それが、大昔から、ずっと継いで来た過去だ。それすら、守られやしない。若者たちは都会へと向かう。なぜだ。それだけ、若者が少ない。出来たら、ぜひ山形に帰って来て欲しい。今、山形は、丁度、面白い処なんだ。
 

カテゴリ:朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り | 情報更新日:2018/02/05

今月号とバックナンバー

このページのトップへ