山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

浦井雄治の 今月のおすすめ [6月号]

CIMG3623.JPG

高畠町 たかはた地酒めぐり

地元高畠の地ワインと地酒とを楽しむ
 地元の人と交流しつつ巡る雰囲気の違う四店舗

CIMG3626.JPG
CIMG3625.JPG
CIMG3633.JPG
CIMG3635.JPG
CIMG3644.JPG

 高畠町で地酒めぐりの催しがあると云うので行ってみた。同行は山形三たてそばを食う会の仲間だ。受付時間の夕方六時に受付会場の高畠町商工会館の前に行ってみると、既に高畠町内を始め近隣の市町の酒好きな人達が大勢集まっており、参加者数は二七〇名の多数を数えた。今回が第十回だそうだ。ルールは、指定された高畠町内の飲食店四軒に立ち寄り、ドリンクとお通しを飲食して、店の証明印をもらい。商工会館前に戻ってゴール! と云うもの。参加者全員がAからFまでの六つのコースに振り分けられ、地酒めぐりに参加する町内の飲食店が一コースに四店ずつ振り分けられて、交付されたコース札に記載された四店を順次巡ってくるのだが、六時三〇分開始で八時頃には戻って来なければならないので、そんなにゆっくりも飲んでいる訳にはいかない。私達仙台組はBコースだった。

 定刻六時三〇分に商工会館前を出発し、最初の店は「スナック翔」。店に入るともう二組ほどが来ていたので同席させてもらう。一組は高畠町民のグループ、もう一組は高畠町民と南陽市民とのグループ。出て来た酒は地元の高畠ワイン赤。お通しは山菜のこしあぶらのお浸し・竹の子とふきの煮物・漬物・チーズとミニサラミ。高畠ワインに舌を湿らせて同席の高畠町の人達としばし歓談し、急いで次の店へ。

 高畠町の人達の後に付いて二番目に行った店は「小料理花みずき」。店に入ると奥の座敷に案内された。出て来たのは生ビール。お通しはふきの煮物・鶏唐揚げとポテトサラダ・もつ煮込み。ママさんの接待で生ビールに喉を潤したが、そうもゆっくりはしておれないので、残念ながら皆で早々に席を立つ。

 三店目は「旅館エビスヤ」。高畠町の人達と一緒に広間に通される。出て来た酒は高畠地酒「錦爛純米酒」(米は酒造好適米五〇〇万石)。お通しはあいこ・こごみ・わらびのお浸しに里いもとしいたけの煮付けなど。ようやく地元高畠の地酒にありつき、口に含んで酒米五〇〇万石を醸した高畠地酒の香と味を楽しんだ。改めて酒造好適米五〇〇万石の美味しさを認識した。

 

 最後の四店目は「Dear Moon」。出て来たのは高畠地酒「弁天本醸造」。お通しはピーナツ等スナック菓子。ここにはカラオケ装置があった。早速に各自が得意な曲を一曲ずつ披露。ひと時高畠地酒とカラオケを楽しんだ。やがて地酒めぐり終了時刻の八時にもなったので、急いで商工会館前に戻ってゴールイン!地元高畠町の人達と交流しながら、それぞれ雰囲気の異なる四つの店を巡り、高畠の地ワインと地酒とを楽しんだひと時だった。

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2017/06/01

今月号とバックナンバー

このページのトップへ