山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

編集長の「素晴らしい山形」巡りラーメン編 [1月号]

sL1030676

sL1030676

編集長の「素晴らしい山形」巡り
ごはんが食べたくなるラーメン 自家製麺「孫悟空分店」

料理
 
 今月も山形南高校の後輩・後藤清顕君と一緒である。山形市荒楯町の住宅街にある「孫悟空分店」。全国に展開する大きな会社の営業マンだった店主が、米沢にある「孫悟空」のラーメンの味に魅せられ、ついには虜となり、脱サラして弟子入りし、特別にたった一軒だけの分店を出させてもらったというお店。なんと店主も山南の後輩で、県内のそば、ラーメン屋を食べ歩いていて本誌を知ったとかで、開店時に早速協力店加盟を申し出てくれた。(ありがどさまっす。)
 
開店してまだ何年にもならないのに、場所もあんまり便利とは言えないのに、またたく間にラーメン好きの間で評判となり、賑わっている。面白いことに私の古い知人にファンが多く、あるテレビ局の重役だった者や、日本を代表する人権派弁護士なども、店主の人柄に惹かれてか、ちぢれ太麺とスープの味に魅せられてか、客となっているようだ。
後藤君曰く。
「喰いやすくて喰ったかいあるここのラーメンは、ごはんが喰いたくなるラーメンです」
山南OB三人で肩組んでと思ったが、後藤君が恥ずかしいと言うので二人だけでパチリ。
 
 
 

カテゴリ:編集長の「素晴らしい山形」巡り | 情報更新日:2016/01/01

今月号とバックナンバー

このページのトップへ