山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

浦井雄治の 今月のおすすめ 其の2 [2月号]

メイン

山形そば本舗 山形のめん造り八〇余年
生と干しの七割蕎麦、看板のこんにゃくそば

「めん工房 さかい」

料理1店内
料理1出羽かおり
料理1こんにゃくそば
料理1山形そば

 
そば処山形には手打ち或いは機械打ちでそれぞれ頑張っている蕎麦屋が多いが、その他にも製麺所があり、生蕎麦或いは干し蕎麦を製造販売している。
 今回は、山形市緑町にある、めん造り八〇余年と云う、原料と製法と水にこだわる酒井製麺所の直営売店「めん工房さかい」を訪ねた。
 
店に入ると、蕎麦(生蕎麦・干し蕎麦)、そうめん、うどん、中華そば等麺の種類の他に、蕎麦粉の割合の違う蕎麦、練り込んだ粉の異なる蕎麦等々、商品の種類の多さに驚いた。
 笑顔の素敵な店員の斎藤利恵さんと横山亜里さんにお話をうかがった。
 
 生麺は冬季が中心で、夏季は乾麺が中心になる。
山形県奨励品種でわかおり七につなぎの小麦粉三の生の七割蕎麦は一日の製造量が少ないので、訪ねた時刻が午後も遅い時刻だったため、もう売切れてしまっていた。
 
干し蕎麦「出羽かおり本七割蕎麦」は、県産蕎麦粉でわかおりを七割使用した本格蕎麦。四割使用した、でわかおりを使った「蕎麦切り」は人気商品の一つ。「山形そば」は、創業以来八〇余年守り続けた昔ながらの腰の強い田舎蕎麦で、蕎麦通に永く愛され続けて来た一品。蕎麦粉にこんにゃく粉を入れて創作した干し蕎麦の逸品「こんにゃくそば」は、独特のツルツル感と歯応えが蕎麦が苦手な人にも好評で、人気ナンバーワンの看板商品。
これに鶴岡産だだちゃ豆を練り込んだ「だだちゃ豆入りこんにゃくそば」もある。念入りに熟成させて製造する「寒仕込みそうめん」は、腰の強い一~二月だけ販売の特別商品だ。
 

 

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2015/01/29

浦井雄治の 今月のおすすめ 其の1 [2月号]

メイン

北海道産挽きぐるみ粉の中太・色黒の蕎麦
冷たい肉そばとげそ天もりそば

「そば処 つる福」

料理1げそ天もりそば
料理2肉そば
料理2丼ものも頂く

山形市南栄町にある店は、JR山形駅から線路沿いに南に向かい、国道三四八号を横切って通称白山通りを山形大学病院に向かう途中にある。
ゆったりとした広い店内は大きなガラス窓で明るく、感じの良い女性店員に案内されて席につく。
蕎麦が出来るまでの間、セルフサービスのつまみ(揚げ蕎麦、大根漬け)を食べていてほしいと言う。
御主人の田澤克志さんは以前は別の食べ物屋だったが、蕎麦好きだったこともあり、四〇才を前にして蕎麦屋に転業することを決断。村山市の蕎麦屋で三年間修業して、平成二一年一二月に開店し、六年目に入った。
 蕎麦粉は北海道産の挽きぐるみ粉。割合は蕎麦粉六につなぎの小麦粉が四。
店の主力献立の「冷たい肉そば」と「げそ天もりそば」にはこの割合が一番いいそうだ。蕎麦は中太、色は他の蕎麦屋に比べても黒い方で、腰がある。
 冷たい肉そば(六五〇円)は、つゆは透き通ってどちらかと言うと甘口の方だが、親鶏の肉と中太の蕎麦とも合って、さっぱりとした食感。
げそ天もりそば(七五〇円)は、鰹の効いたつゆは甘口ではないが辛いと言う程でもない。中太の蕎麦と程好く合っている。好みで蕎麦に取り合わせるミニ丼(二五〇円)が四種類あり、とり天が二枚載るとり天丼を頂いた。
 この店舗は、以前はどんな飲食業をやってもはやらないという噂があった程、しょっちゅう経営が代わったそうだが、今のつる福は、平日はビジネスマン、休日は家族連れとひっきりなしにお客が入って来て、客足が絶えない。
 

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2015/01/29

山形牛の美味しいお店  「和風炭火焼肉 楓 庵」[2月号]

sL1030676

片面のみ焼いて食べる塩カルビが絶品

「和風炭火焼肉 楓 庵」

ステーキ
料理
料理
高橋 綾(仙台市・三好耳鼻咽喉科クリニック)
 
夢にまでみた山形牛との再会が、こんなにもはやく訪れるとは思ってもいなかったです!
 
前回は山形牛のステーキのレポートを書かせていただきましたが、今回は山形牛の焼肉をレポートします。
 
そば会に参加した後の夕食に山形牛をいただいたのですが、その前に…なんと贅沢にも温泉に連れて行っていただきました。
 
お邪魔したのは、「中桜田温泉」です。山形の夜景が楽しめる天然温泉ということで、とても楽しみにしてました。 が…室内の温泉の熱気と外の寒さで窓が曇ってしまい、眼下に広がる夜景は残念ながら見るころができず残念でした。温泉は、お湯がとてもなめらかで肌がすべすべになり、心身ともにリフレッシュできました♪ 夜景はリベンジしたいです!
 
温泉の後、山形牛との再会の時が来ました。今回のお店は、たどり着くまでも楽しませていただきました。 山道に雪が高く積もっているため、雪の壁の中をどんどん進んでいきます。ここはどこだろう? 到着できるのかな? と若干の不安の中 同じ道をぐるぐると少し迷いながら、やっとのことで山形牛の匂いに導かれるように到着したのが和風炭火焼肉 味の園「楓庵」さんです。
 
真っ白い雪の中に浮かぶ赤い看板の前での記念撮影が終わると、お店の入り口へとつながる階段を上がっていくのですが、 お店の外観が幻想的でとても素敵でした。予約でいっぱいという看板がでており、大変人気店であることがわかりました。 席に着くと、テーブルの真ん中に埋め込まれている大きな七輪に炭が運ばれてきます。
 
山形三吉さんおススメのお肉がテーブルに並ぶとその美しさに感動してしまいました。 前回は焼かれたお肉でしたが、今回は焼く前の刺しの入った綺麗な山形牛を見ることができました。 リブロースは厚いのに柔らかく、とてもジューシーで、食べごたえも抜群。塩カルビは、片面のみ焼いていただきます。 噛み切る前にとろけてしまいました。タン塩は、肉厚で旨みが詰まっていました。 口直しのキムチもいただき、野菜焼きも美味しく、大大大満足でした。  一日中山形を満喫させていただき、とても楽しく、美味しかったです! 
 
 
山形三吉さん、お付き合いくださった山形の素敵な男性の皆さん、ありがとうございました。
 

カテゴリ:山形牛の美味しいお店 | 情報更新日:2015/01/28

仙台麺四郎 山形麺見参[2月号]

メイン

仙台麺四郎 山形麺見参
第8回 「オオミヤ食堂」の巻

画像
画像
画像

 

………編集長から電話。

 

麺四朗:はい、麺四郎ですが

編集長:麺四朗か。君の好きな『オオミヤ食堂』が一月をもって閉店されるそうだ。

麺四朗:ええぇぇ?

 

一月半ばを過ぎての事で、これを逃したらあの味と再会出来ない。急遽予定を変更し仙台から車で走った。

全盛期の大沼デパートから58年。

山形の麺類食堂協同組合の副理事長も務められ長年山形の飲食業界に貢献された『オオミヤ食堂』。

長年ファンに愛され続けた老舗。私もそのファンの中の一人である。

特に、冷やしラーメンがお気に入りだったのだが、時期的なこともあり私の中の№2「ラーメン」を迷わず注文。

この昔懐かしいスープ、チャーシューが堪らない。最後にこのラーメンに辿り着けてよかった。

私はラーメン派なのだが、そばや、丼物を楽しみに来られるお客さんも多い。

いちファンとして今後食べられないのは残念だが、『オオミヤ食堂』ご夫妻には長い間お疲れ様でしたと言いたい。

 

 

 

カテゴリ:仙台麺四郎 山形麺見参 | 情報更新日:2015/01/28

塩釜っ子の山形寿司屋巡り[2月号]

sL1030676

塩釜っ子の山形寿司屋巡り
第十一回 「寿し処 つかさ」

外観
内装
永 澤 辰 也(塩釜市在住)
 
『寿し処 つかさ』さんにお邪魔します。
 
 こちらは昨年(H26年)7月に城西町(西バイパス沿い)から七日町の花小路へ移転され、きっぷの良い親方がカウンターに立つ人気店だ。
七日町の花小路は昭和レトロな景観が色濃く残る繁華街で、ノスタルジックな雰囲気も楽しめる。
 
また、寿司屋が近くに少ないため、ランチ、宴会などの選択肢にも幅が広がる。

そして親方の腕はおりがみつき。今回もお任せで!!

会話を弾ませながら女将さんにお酌をいただき握りを摘む。うん、染み渡ります。

注文を付けずとも、筋子巻きが……日本海の甘エビが… 親方、参りました。

 
今回いただいたのは、握りがメインですが実はこの時期(冬の時期)鍋のコースがお勧めなんです!!
ここだけの話、特に鴨しゃぶ鍋。えぇ!? となりますよね。寿司屋の、いや、『寿し処 つかさ』の鴨しゃぶ鍋、絶品です!!
その他の鍋コースや親方お勧めコース、メニューも豊富。
 
まずはお試しあれ!!
 
 
 
 

営業時間:
     午前11時半~13時半
     午後17時半~
休業日:
     日・祝祭日

 
 

カテゴリ:寿司 | 情報更新日:2015/01/28

今月号とバックナンバー

このページのトップへ