山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

山形牛の美味しいお店 [10月号]

sL1030676

sL1030676

カテゴリ:山形牛の美味しいお店 | 情報更新日:2014/09/30

仙台麺四郎 山形麺見参[10月号]

メイン

仙台麺四郎 山形麺見参
第4回 「寿ゞ喜支店」の巻

とり中華
画像

山形駅から北へ車で7分ほど走り城北町1丁目に入ると、地元客で賑わう「寿ゞ喜支店」がみえる。今回もまた、昔ながらの味に惹かれ誘導されるように赴いてしまった。

こちらは、そば、うどん、らーめん、丼物などのメニューがズラリと並びいつもどれを注文しようか迷ってしまう。おすすめは、「とり中華」「中華そば」だが日替わりで楽しめるメニューがあるのでご紹介しましょう。

愛嬌のある女将さんが、注文を聞きに来られたので、おすすめは? と伺うともやしらーめんがおすすめだと言うことで注文を済ませた。

 

注文を待つ間、付け合わせをいただきながら待つ。(山形のそば屋などでは、大概サービスで旬の野菜の漬物や山菜などが出ます。)そうすると、ちょうど付けあわせを食べ終えるタイミングで主役の登場!

ごま油の香りが漂う、もやしと挽き肉の特製の餡が食欲をかきたてる。

塩味で旨味が効いたスープに、この麺と具のボリュームは食べ応えがあり働くものの味方である。

後の話だが、もやしらーめんは日によって、しょう油や塩になるようです。

はたまた別な味になるのだろうか。皆様は、はたしてどんな「もやしらーめん」と出会えるだろうか。

※もやしらーめん(700円+税)

 

 

カテゴリ:仙台麺四郎 山形麺見参 | 情報更新日:2014/09/30

塩釜っ子の山形寿司屋巡り[10月号]

sL1030676

塩釜っ子の山形寿司屋巡り
第7回 「寿司一ばん」

料理1鮎の甘露煮
料理2鰯のつみれ
料理3握り
永 澤 辰 也(塩釜市在住)
 
今回は、山形市河北町谷地にある「寿司いちばん」さんへお邪魔します。
 
河北町は江戸時代に紅花と米で栄え紅花交易により伝えられた京文化の面影が色濃く残る町で谷地どんが祭りで有名です。
 
このどんが祭りを2階の特等席で堪能できるお店でもあります。
※毎年9月開催のお祭りです。要予約
 
こちらは日本海の旬の幸をメインにカウンター、お座敷とお楽しみいただけ、その中でも特に、今回いただいた「鮎の甘露煮」「鰯のつみれ」「握り」は職人のこだわりを感じます。
 
鮎は尾花沢の天然物だそうで、川魚独特の風味を損なわぬよう丁寧な下ごしらえをされているのか頭から骨まで堪能できます。
 
鰯のつみれはなめろうにし、下味をつけ、シイタケ、シソを組み合わせている。そこに焼きが入った香りと旨味のハーモニーはとても上品で、白ワインや日本酒とよく合うでしょう。
 
握りに関しては、魚本来の旨味がシャリのふんわりとしたやさしさと一緒に鼻からぬける瞬間がたまりません。またこれにあうのが「和田酒造」のあら玉、月山丸などのお酒です。こちらも河北町にある酒造会社で吟醸王国山形と言われる中でも個人的におすすめです。
 
この最高の組み合わせを楽しみたい方は、河北町にある「寿司いちばん」へ伺ってみてはいかがだろうか。
 
 

カテゴリ:寿司 | 情報更新日:2014/09/30

今月号とバックナンバー

このページのトップへ