山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

浦井雄治の 今月のおすすめ 其の1 [8月号]

メイン

気取りのない庶民的な食堂
暑い夏にもってこいの典型的な山形冷やしラーメン

御食事処 純手打そば「きよすみ食堂」

料理1
料理2
また暑い夏がやってきた。山形では名物「山形冷やしラーメン」の季節だ。仙台発祥のいわゆる冷やし中華ではなく、スープそのものが冷たい「冷やしラーメン」は、暑い山形でこその夏の食物と言える。。
 
山形では中華料理店やラーメン店だけでなく、蕎麦屋や普通の食堂でも冷やしラーメンを出す。今回は中華料理店等ではなく、街中の庶民的な食堂で冷やしラーメンを食べることにした。
 
所は山形市西部、市立第十小学校正門の南側にある「きよすみ食堂」。二・八の手打ち蕎麦を看板にする店だが、ラーメン・定食類・丼物も出す。気取りない庶民的な食堂で、ご主人は真面目そのもののようなお人だ。
 
注文して程なく出てきた冷やしラーメン(750円)、麺は中細の柔らかいストレート麺。麺の上にはチャーシュー・胡瓜・トマト・半切り茹卵・メンマ・もやし・蒲鉾・刻み葱・レモンのスライス等が載り、氷が入っている。スープは胡麻油の風味が利いた薄塩味。正に典型的な山形冷やしラーメンと言えようか。
 
あっさりした薄塩味のスープの旨みの中に胡麻油の風味が利いて食欲をそそる。冷たいラーメンには他に「つけめん」(700円)がある。
 
 

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2014/07/31

浦井雄治の 今月のおすすめ 其の2 [8月号]

メイン

世界各国産のコーヒー豆が30種
客の求めに応じて焙煎して販売する

珈琲焙煎 「フリゴレス」

料理1
料理2
山形三たてそばを食う会で毎月お世話になっている大江さんが、毎月コーヒーの粉を買いに行っている店にこれから行くというので、一緒に行ってみることにした。
 
所は山形市南部、山形大学医学部の南にある「珈琲焙煎フリゴレス」。
 
店に入ると、目の前の壁に世界各国産やブレンドしたコーヒー豆の見本が展示されている。その数30種。世界各地のコーヒー豆を仕入れて、客の求めに応じて焙煎して販売している。小さい店内の壁には仕入れた際の世界各地のコーヒー豆の布袋が何枚も飾ってあり、いかにもコーヒー豆焙煎の店と云った雰囲気だ。
 
大江さん注文のコーヒー粉が出来上がるまでの間、特別に御主人の御好意でコーヒーを御馳走になった。やはり焙煎仕立て・挽き立て・入れ立てのコーヒーの味は違った。大江さんはインスタントではない本物のコーヒーの美味しさに一遍に魅せられて、以来コーヒー党になり、毎月この店にコーヒーの粉を買いにくるようになったと云う。私も少しコーヒー粉を買って帰ろう。さてどこの産のコーヒーにしようか。
 
 

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2014/07/31

山形牛の美味しいお店 [8月号]

sL1030676

sL1030676

カテゴリ:山形牛の美味しいお店 | 情報更新日:2014/07/31

仙台麺四郎 山形麺見参[8月号]

メイン

仙台麺四郎 山形麺見参
第2回 「オオミヤ食堂」の巻

冷やしラーメン750円冷やしラーメン750円

どうしてもオオミヤ食堂の冷やしラーメンが食べたくなり、山形の中心部から北へ漆山という地区へ車を走らせた。

こちらは、全盛時代の大沼デパートの食堂から数えて約50年と山形のそば、ラーメン界を盛り上げてきたお店でもありまた、金婚式を迎えた際には山形市と山形新聞社から素敵な夫婦として表彰されたほどだ。

定食、丼、そば、ラーメンとメニューも豊富で“昔ながらのそば屋である”。

オオミヤ食堂の冷やしラーメンは、主に動物系ベースのスープで面倒な処理を丁寧に行なっており、透き通ったスープとちぢれ麺のシンプルな組み合わせはくせになる。
また長年変わらない味を提供し続けているためか県内外のファンも多いようだ。

近年のラーメンブームもあり、流行のラーメン屋も数多くあるが田舎育ちの私は、昔ながらのそばやの味が忘れられない。

 

 

カテゴリ:仙台麺四郎 山形麺見参 | 情報更新日:2014/07/30

塩釜っ子の山形寿司屋巡り[8月号]

sL1030676

塩釜っ子の山形寿司屋巡り
第5回 「割烹 江戸寿し」

料理1握り
料理3山形芋煮、ナスの煮浸し、 鮎の塩焼き
料理4刺身盛
永 澤 辰 也(塩釜市在住)
 
山形には隠れた名店が多く、今回はその中の一つをご紹介しましょう。
 
山形駅東口を降りて徒歩5分、香澄町にある「江戸寿司」さんへお邪魔します。
 
こちらは昭和27年創業と歴史のあるお店で、特に大女将や女将の素敵な心づかいと旬な食材を使った料理が印象的です。
 
握りはもちろん一品料理も豊富なので、季節に合わせた旬な食材をお楽しみいただけるでしょう。
※オススメで楽しまれる方は、事前にお好み、予算などを伝えておくとより楽しめます。
また駅近なので〆に立ち寄るのも◎
 
駅近なのでビジネスホテルも多く、出張などで県外からこられる方は特にオススメです。
 
握り、刺身はもちろんのことですが、サービスのぬか漬けは創業から変わらずご提供されているそうで地元の常連様にも人気のようです。
ちなみに私もおかわりを頂きました。
 
また今回は、私の好物でもある山形芋煮、鮎の塩焼きと贅沢にも大女将にお酌をいただき楽しませていただきました。
 
これからはタチウオ、タコ、スズキ、シマアジ、などが旬ですが、アユやハモもまだまだ美味しい時期です。 皆さんも是非、名店探しの旅に出てみてはいかがでしょうか。
 
 

カテゴリ:寿司 | 情報更新日:2014/07/29

1 2  次へ 

今月号とバックナンバー

このページのトップへ