山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

山形の中華料理を食す 第三回 中国料理「櫻果林」

L1030707.jpg

山形の中華料理を食す
第三回 中国料理「櫻果林」

第三回目となる今回は、山形駅前大通りにありますホテルキャッスル12階「櫻果林」さんにて中華料理をごちそうになりました。

店内に入りますと、女性客がたくさんいることにビックリ! 「櫻果林」さんの実力の高さがうかがえます。

店内のおいしそうな香りに我慢ができず、席に着くと同時にメニュー表を見て悩んでいると、相澤氏よりアドバイスが。「九龍(クーロン)ランチってのがおもしろいよ。」なぜだろうかと思い、改めてメニュー表を確かめてみますと、値段がお手頃であること、そして主菜を三つの中から自分で選べるというのです。九龍ランチを勧める理由に納得がいきます。

ところが欲張りな私には困ったことが。主菜を三種類とも味わってみたいという思いになってしまったのです。

L1030703.jpg パパイヤと鶏肉の椎茸煮
L1030707.jpg エビチリ

本日は

(1)マンゴーと野菜入り牛肉炒め

(2)パパイヤと鶏肉の椎茸煮

(3)海老のチリソース

の三種。

ここはグッとこらえて、三種類すべてはあきらめたものの、相澤氏にも無理矢理に私の食べたい二つめの主菜を頼んでいただきました。結局、注文しましたのはパパイヤと鶏肉の椎茸煮、エビのチリソース。椎茸煮は椎茸の出汁が利いたアンが鶏肉やパパイヤ、タケノコなどにバッチリからんでおり、やさしいお味です。しかも、大きな鶏肉がゴロゴロといくつもあり、このボリュームにはうれしくなってしまいます。エビチリは、このソースがたまりません。辛味が強く、ご飯にかけて食べるとモォ最高です。食べてるうちにほっぺたが緩んで、いつのまにか笑顔になっていました。

主菜を三つの中から選べるという今回の「櫻果林」さんの九龍ランチ。二人組で来て、お互いに分け合って食せば、二倍楽しむことができます。三人で来れば三倍楽しむことができるという、うれしいランチなのです。メニューも週替わりとあって、毎週毎週が楽しみになります。この企画力、このおいしさはさすが「櫻果林」さんです。

「櫻果林」さんどうもごちそうさまでした。

 

安 部 修 平 (叡和塾教務) 

(山形三中・山形東高・東北大卒。現在、叡和塾で中・高生の指導に当っている)

カテゴリ:修ちゃんの山形飲み・食べ歩き | 情報更新日:2012/08/01

浦井雄治の 今月のおすすめ[8月号]

sL1030676

山形名物 蕎麦屋の冷やしラーメン
「湯蕎庵  味津肥盧(みつひろ)」
蕎麦つゆとラーメンのスープを併せたスープ

sL1030702
sL1030676 冷しラーメン(700円)
sL1030689 大名冷し(1,050円)
sL1030700
盛夏の声を聞くと、山形名物冷やしラーメンの季節だ。冷やしラーメンにも、蕎麦屋の冷やしラーメン、中華料理店やラーメン屋の冷やしラーメンとあって、店それぞれに工夫を凝らしている。いわゆる冷やし中華がどの店のものも同じようなものであるのとは違って、店によって様々な冷やしラーメンがある。
 
今回は蕎麦屋の冷やしラーメンを食べてみたいと思い、上山市にある上山城近くの味津肥盧を訪ねた。暖簾を潜ると口髭が印象的な御主人が厨房から顔を出し迎えてくれた。
 
早速に冷しラーメン(700円)を注文。やがて運ばれてきたのは、麺の上にチャーシュー・卵・葱・昆布・メンマ、そしてその真ん中に紅生姜が載っている。スープは蕎麦つゆとラーメンのスープを併せたものだ。
 
ラーメンのスープを冷たくしたのではなくて、ラーメンのスープと蕎麦つゆとを併せたというところが、いかにも蕎麦屋の工夫らしい。冷たいさっぱりとしたスープの美味しさは正に暑い季節なればこその食べ物だ。冷やしラーメンを創作した山形の人達に感謝したい。ラーメンに揚げ玉の小鉢が付いていたが、これまたいかにも蕎麦屋らしい。
 
他に季節メニュー(5月~9月)としていわゆる冷やし中華(750円)もあるが、大名冷し(1,050円)というのがある。普通の冷やし中華の上に海老天を載せたもので、これなどもいかにも蕎麦屋だ。また、野菜たっぷりでポテトサラダ付きの冷やしサラダ中華(800円)というのもある。
 
冷やしラーメンの涼味に満足した後、時間もあるしせっかくだからと、近くの新湯共同浴場「澤の湯」に行ってみた。こじんまりとした公衆浴場だが、午後も三時とて相客は誰もおらず、透明な湯が掛け流しになっている浴槽にただ一人、手足を伸ばしてのんびりと浸った。
 
浴後は近くの上山城跡を散策して沢庵松を眺め、城の正面を下って、菓子舗十五屋本店で冷たい飲み物に口を潤した。
 
 
TEL023-672-3815
■営業時間 11:00~20:00
    (19:30オーダーストップ)
■定休日 木曜日

カテゴリ:浦井雄治の今月のおすすめ | 情報更新日:2012/08/01

今月号とバックナンバー

このページのトップへ