山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り 10月号

sL1030676

第ニ回 「手打蕎麦 おんどり」 の巻

sL1030702
sL1030676
sL1030689
sL1030689

芦 野 朋 子

 東京都のフランチャイズの店のように二百円、三百円では出せない最上川三難所そば街道ですが、それでも自らの味を守りながら、日々精進しておるようです。現在、最上川三難所そば街道にはそば屋が十二軒、道場が一軒加盟しています。どこのそば屋さんも、極めたそばを出そう出そうと努力を重ねています。そこで、今回第二回目は、その最上川三難所そば街道振興会(山形県村山市)を取り仕切る親方(会長)をつとめる「おんどり」そばさんから、お話を聞きました。
 
 おんどりそばは、平成八年五月のオープンでした。店主の佐藤さんは、その頃何か面白いものを作りたくて仕方がありませんでした。そこで仲間たちと一緒に、この地域をもっと元気にすっべ、飲んだり遊んだりする場所を建てっべ(お風呂でも入って)ということで思いついたのがそば屋でした。そして、この辺にはないそば屋を目指して、お風呂とおそば、それにお部屋と山菜料理がセットになった、料理も出すそば屋を立ち上げたのです。
 
 修行したのは、大江町柳川温泉のソバ屋。半年間、冬の間通いました。外のソバを勉強して来たかったからだそうです。
 
 おんどりさんのおそばは、食べてみると箸を置く余裕が無い程に美味しいのです。誰でも、すぐにおんどりさんのファンになる事、間違いないです。それから、付け合せの三点盛りも、とても美味しく素晴らしい味わいなのです。このような田舎であっても、決して手を抜かずに作っていらっしゃるのだなあと感心します。
 
 おそばは、玄ソバから自家栽培しています。種を蒔いて、それが生育する過程を見守ります。楽なようで、農業は、三百六十五日ずっとです。それに、冬は三メートル位、雪が降るのです。山ノ内地区から見られる冬の風景は、冬の恐さを、教えてくれます。ですから山形県民は、寡黙だと言われるのでしょう。
 
 ちなみに、「おんどり」さんのメニューには、白いおそばの細打ちそばが、あります。どうしてこちらのメニューが出て来たのでしょうか。それは、きっと太いそばのちょっとだけ苦手な人向けではないでしょうか。太いそばは、食べ応えがあって美味しいんだけれども、白くてきれいなそばも食べてみたい人向けです。それは、おんどりさんだけの様です。
 
おんどりさんの店名は、その昔、近くにあった大鳥居から付けたのだそうです。そして、今は秋ですが、このような季節のドライブもまた最高です。誰が、何時行ってもOKなそば屋さんです。ぜひ気軽におそばを食べに出掛けませんか? そんな気持ちにしてくれる大きい人、佐藤和幸さんでした。
 

カテゴリ:朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り | 情報更新日:2017/10/06

このページのトップへ