山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

[前のページに戻る]

朋ちゃんの「東沢バラ公園」巡り 3月号

第十二回 ブルー・パーフューム

CIMG0459

芦 野 朋 子

 昭和31年、東沢公園が誕生する。市制施行25周年を記念した「市の花」の制定にあたり市民のみなさんに公募したのだ。当初バラの数は70品種700株、そこから拡張整備を繰り返した。平成14年に750品種、2万株を超えるバラが咲き誇り、観光地でありながら市民に愛される場所となった。そして、今回のバラは、ブルー・パーフュームだ。濃厚な香りと深い藤色が魅力のバラだ。花つきが良く、早い時期から咲きはじめる。とげが少なく、コンパクトな樹形の株になるので扱いやすい。濃厚な香りを楽しめる品種で,切り花としてもおすすめ出来る。
 
 村山市は18世紀はじめ、羽州街道(旧国道13号)と宿駅制度の整備で、町並みも少しずつ整い、他地域からの移住で人口も増加した。昭和50年代前半は楯岡を中心商店街として背後に農山村集落をかかえる商業圏をつくってきた。そのような地域において、選りすぐりのお店の紹介をしたいと思う。そこは、松月堂布川だ。5代目店主は、布川淳一さんだ。山形南高校出身である。そして、6代目と一緒に店を切り盛りしている。山形県産のそば粉を練り込んだ餡と、大納言小豆の羊羹を重ねて巻いた、村山銘菓「三平撰」が、有名である。
 
 それから、菅野時計店だ。音楽教室を開いている。4歳児からの幼児科である。ヤマハ音楽教室だ。店主の菅野年央さんは、長野県出身である。こちらの店に婿養子として、やって来た。ピアノの調律、楽器関係は、応相談出来る。
 ランチなら、麻屋のお魚定食は、いかが?店主の斉藤薫伸さんが捌く魚は、鮮度一番だから、とても美味しいのだ。2日前までの、要予約である。ぜひ、召し上がれ。
 神田神社は、稲荷神社として田の神だが、お供えする餅で石いぼをさすりお祈りすると、がんこな石いぼも知らぬうちになくなる「石いぼの神様」としても知られる。

(資料提供 村山市役所)

カテゴリ:朋ちゃんの「東沢バラ公園」巡り | 情報更新日:2020/03/03

今月号とバックナンバー

このページのトップへ