山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

[前のページに戻る]

朋ちゃんの「東沢バラ公園」巡り 11月号

第八回 芳 純

P1010651.JPG

芦 野 朋 子

 すっかり秋らしくなった。バラは、冬剪定が待っている。それから、雪囲いだろう。まだまだ、天気が良い。アウトドアを始めたい。インドアの性分を、ぜひ断ち切りたい。そうだ、ハイキングだ。ハイキングが良いに決まっている。イベントは、あるだろうか。どこへでも、飛んで行く。そのような気持ちになった。快晴は、健康的で素晴らしい。ぜひとも、秋の遠足と、いきたい。そろそろ、新米の季節だ。美味しくて、あたたかな御飯が頂ける。それも、そのはず、ここは名産地だからだ。
 米に、果物、それからキノコなどが、たらふく食べられる。腹八分目と言われる。なぜだ。それでは足りないじゃないか。しかし、もしかしたら、昔の人々は、少し残して頂戴と、言いたかったのかもしれない。
 小さな頃、こんな話を聞いた。「おいよ、おあがり」「おいよ、おあがり」と、食事で残してしまった魚は、細かく粉砕して、もちろん骨までだ。先程のフレーズと、ともに、海にばらまくのだ。それは、一番年下の漁師(正確には、かしき)の仕事だった。というお話を、母から何度か聞いた。「おいよ」とは、どこかの方言だろう。愛知だそうだ。魚を意味する。土地の人々は、食べ物を大事に暮らす。
 「芳純」は、資生堂の研究者からの発注だったそうだ。こちらのバラから、なる。資生堂シリーズの品々になる。鈴木省三氏の最高傑作と、言えるだろう。もちろん東沢バラ公園にもある。一九八一年に、京成バラ園芸で作出された。
 このバラに限らず、キリスト教徒は、バラという植物を知っている。それは、ローズウォーター、その聖なる水、つまり聖水はバラからなる。
 今年の冬も、秋も、バラは雪を待つのみだ。一年中、四季の移ろいを体感しながら、日本に生まれた奇跡に、涙する。

 

 

カテゴリ:朋ちゃんの「東沢バラ公園」巡り | 情報更新日:2019/11/07

今月号とバックナンバー

このページのトップへ