山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

[前のページに戻る]

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り 10月号

P1010644.JPG

第14回「手打仕る あらきそば」の巻

P1010651.JPG
P1010653.JPG

芦 野 朋 子

 看板に「手打仕る」とある。それは、あらきそばが開店以来守って来た伝統的な仕事だ。
〈お品書き〉

 そば

  •   うす毛利      九二〇円
  •   にしんのみそ煮付き 一、三二〇円
  •   1.5倍毛利      一、三八〇円
 
  そばに懸ける情熱が、素晴らしい。まず、地物を使用している。それから、製粉作業はそばを打つタイミングに合わせている。だから、タイムロスは無い。タイムロスが、そばを不味くしてしまうのだ。時間との勝負である。店主の又三さん(二代目)、光さん(三代目)、浩平さん(四代目)と、皆同じ型の、そば打ちだ。一番若手の浩平さんですら、今年で十年以上の経験者だ。それぞれの時代に、それぞれが思い描くそばを造り出し、生み出して来た。そんな三人衆だけに、地元からの信用も厚い。
 
 それから、にしんだ。これまた絶品である。やわらかくて、風味がある。素朴な品ではあるが、人気だ。にしんは、地酒と一緒に飲んだり食べたりしたい。
 
 家族経営の店だ。そばを煮るのが真弓さん。そばは、打ちたて、ゆでたて、である。ゆえに非常に旨い。「旨い」という表現が一番合っているし、何物にもかわらない味という気がする。味わい深いそば、そして奥ゆかしい味わいのにしんに、香の物。あらきそばの面々が作り出す夢のそばだ。そのように味わえる。
 
 これまでも、これからもそばの人気は続いてゆくのだろう。そば畑に真っ白い花を咲かせている。9月は、そば畑が見頃である。そのそば畑の実が収穫され、そばになるのが、11月である。11月からの本当においしいおそばが、新そばである。誰も彼もそばを目指し、全国からファンが集まってくる。そして、そば屋はどっかど(安心)する。ファンは満足して帰る。
 
 ところで、そば人口に占める男女比は、どのようになっているのだろうか。客層は、やはり、男性客が圧倒的だ。野武士のようなそばに食らいつく客人。おぉ。誰もが、あらきそばに入れば、野武士のようになってしまうのである。
 
 今回各店を取材してみて、村山市の底力、そしておそば屋さんの変わらない熱意、そういったものに直に触れることが出来まして、感動、感動の一ページを沢山書かせてもらった。本当に良い思い出になった。ありがとう、最上川三難所そば街道のそば店の皆様。これからも、よろしく。
 

 

 

 

カテゴリ:朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り | 情報更新日:2018/10/04

今月号とバックナンバー

このページのトップへ