山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

[前のページに戻る]

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り 6月号

P1010496.JPG

第十回 「そばの陣 じゅんさい」の巻

P1010483.JPG
P1010484.JPG
P1010485.JPG
P1010492.JPG

芦 野 朋 子

  一番店「そばの陣 じゅんさい」を今回は訪ねた。地元の人達には、うどんが大好評だ。なぜなら、この辺りでは、皆そば打ちが出来る。それだから、うどんである。
〈お品書き〉
  • そば(うどん)の陣セット 1000円
  •  〃      大盛り  1100円
  • 板そば           800円
  •  〃      大盛り   900円
  • 肉そば(温)        900円
  •  〃      大盛り  1000円
  • 肉うどん(温)       900円
  •  〃      大盛り  1000円
〈一品料理〉
  • じゅんさい(小鉢)      400円
  • にしん(甘露煮)       350円
 
 料亭で出される、じゅんさいは割と小さめだそうで、こちらのじゅんさいは大きい。店からは、じゅんさい沼が目の前に見える。店主は、喜んで帰ってもらえるか。そして、あの店に行って良かったと思ってもらえたら、と心掛けているそうだ。
 
 そば(うどん)の陣セットは、肉そばの汁でも頂けるし、冷たいつけ汁も付くのだ。そして、今日の付け合わせは、あいことこごみとおみ漬けの一品と、小鉢にはうるいとふを揚げた前菜が来た。お替わり、自由である。
 
 定休日は、不定休だが、冬期間(一月から三月)は休みである。営業時間は十一時から、十五時までだ。
 
 石沢ひさ子さんら、女性陣の優しさが感じられる店内は、素敵だ。そのお母さん達の打つそばとうどんだから、やはり旨いのだ。そば粉は自畑だ。何割かと聞くと、二、八ではないがちょべっと入っていると答えてくれた。そばとうどんの肉は、牛肉だ。それだけに、高級感がある。ウッディな店内で、そばを食べる。うーん、最高だ。
 
 天然物のじゅんさいに、コシのあるうどんそして、でわかおりのそばが良い。何と言うか、正直な店である。合い盛りもある。メニューには載せてはいない。
 
しかし、あるのだ。うどんとそば、どちらも食べたい。客の要望には、答える。忙しい時はさすがにそうはいかない。
 
 村山市民では、あろうがなかろうが、一度は入って欲しい名店だ。そこかしこに、女将の気配りが感じられる。そんな店であった。
 

 

カテゴリ:朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り | 情報更新日:2018/06/07

今月号とバックナンバー

このページのトップへ