山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形グルメ

山形グルメ

[前のページに戻る]

朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り 12月号

IMG_1253.JPG

第四回 「手打ち(十割)そば ゆきむろ」 の巻

IMG_1244.JPG
IMG_1267.JPG
IMG_1247.JPG

芦 野 朋 子

 雪室とは、何だろうか。それは、赤塚信一さン率いるNPO法人袖崎雪室研究会約15名が誇る一大産物である。自然と科学が融合した、冷温貯蔵庫だ。まず入ってみた。特別ゲートなどは無く、管理者の赤塚さんが開錠する。赤塚さんは勇壮にぶ厚い扉を開けた。小さな事務室を抜け、次の扉へと進む。すっ、すごい。冷やりとする室温。それから並ぶ米俵である。床面積200㎡、へと雪室本体から、ダクトで空気を送り続ける。湿度70%、室温は5℃だ。まさに一大プロジェクトだ。
 
 最上川三難所そば街道4番店「手打ち(十割)そば ゆきむろ」は、その雪室で貯蔵された地元産の玄蕎麦を石臼で自家製粉。そば粉100%で、手打ちの「十割そば」を提供している店だ。だから、一年中おいしく食べられる。雪室の中で自然に熟成しているからである。
 
 板ソバ  700円
 大盛   900円
 小板そば 600円

 【冬季限定】
 鳥ソバ  800円
 大盛   1000円
 小盛   700円
 
 そばを冷たく、つゆを温めたつけ麺風もある。定休日は毎週水曜日だ。時間は11時から3時迄の営業だ。
 
 月曜日の午後2時過ぎ、編集長と二人で訪れ、板ソバと鳥ソバを頂いた。男臭い、男っぽい味であった。そのソバは、赤塚さんが、挽いて、打って、茹でる。それを奥さんの直美さんがお客様の許へと運ぶ。
 
 お客様の半数は宮城県からだという。それから福島や秋田の人達も来ているそうだ。赤塚さんの人柄、そして支える奥様、直美さんの人柄に心打たれる、そんなリピーターが大半だ。赤塚さんの雪室の未来にかける情熱、信念に人々が集まってくれる。それが、雪室の存在意義だ。ゆきむろのおそばは、間違いなく良いソバなのである。
 
 時代は変わりつつある。畑から大手が直接買い付ける。更に言えば、大金持ちが商売をする時代になったのである。しかし、TPPのシステムは、産物指定が制度だ。山形は、さくらんぼを作れ、宮城は米だ、と言う具合に産地を決定付けた上で、農業が始まる。大規模転作だ。それでは、農民の自由と夢が消失する。自分達の畑で、採れる蕎麦はもちろん野菜や果物は宝物なのだ。それを、させないでどうする。TPPが、世界的な食料危機への対応なのか。
 
 だが、しかし、わが村山市には雪室がある。雪室を活用する未来は無限に広がる。団結して、農家の自由を守り抜こう。それが、現段階での課題ではないだろうか。
 

カテゴリ:朋ちゃんの「最上川三難所そば街道」巡り | 情報更新日:2017/12/06

今月号とバックナンバー

このページのトップへ