山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形の観光・イベント情報

イベント・観光情報

米沢市

[米沢市]豊かさとやすらぎ  共に創りあげる ときめきの米沢

米沢
米沢

豊かさとやすらぎ
 共に創りあげる ときめきの米沢

 米沢市は山形県の最南端に位置し、山形県の母なる川「最上川」の源である吾妻連峰の裾野に広がる米沢盆地に位置し、夏は高温多湿で、冬は寒さが厳しく、特別豪雪地帯に指定されており、年間累計積雪深は10mに達することがあるほか、市街地でも平年の最高積雪深が約100cmに達するほどの降雪量があります。
 市域の南側に広がる吾妻連峰は、大部分が磐梯朝日国立公園に指定されており、四季折々の雄大な自然景観が楽しめます。さらに、米沢の奥座敷である小野川温泉のほか、吾妻の山々には古くから奥州三高湯のひとつと言われた白布温泉をはじめ、姥湯温泉、大平温泉、滑川温泉、新高湯温泉、五色温泉、湯の沢温泉などの豊富な温泉群があるほか、夏山登山やスキーなどが手軽に楽しめる「自然の恵み豊かな都市」です。
 米沢のまちなみは、鎌倉時代にこの地に地頭が置かれて以来形成されてきました。特に、伊達氏が212年間、上杉氏が272年間、本市に居城を構えたことから、城下町としてのまちなみが形成されました。現在のまちの原型は、上杉氏の家臣の直江兼続によって築かれたことから、上杉家縁の名所・旧跡・文化財などが多く残っており、「上杉の城下町・米沢」として親しまれています。

カテゴリ:米沢市

[米沢市]まつりに参加できます!

2/09(土)・10(日)

商工展

まつりに参加できます!

平成31年2月9日(土)、10日(日)の2日間上杉雪灯篭まつりを開催します。
今年で42回目を数えるこのおまつりは、市民の方を中心に作り上げているおまつりです。市民以外の方の参加も大歓迎!違う視点からおまつりに関わってみませんか。

開催日 平成31年2月9日(土)、10日(日)
会 場 上杉神社境内・松が岬公園一帯
募 集 ①雪灯篭の製作
②創作雪像の製作
③ステージ出演者
④ボランティアスタッフ
問合せ先 上杉雪灯篭まつり実行委員会(TEL0238-22-9607)

※詳しい応募等の情報は上杉雪灯篭まつりホームページをご覧ください。
①②③の応募は平成30年12月14日金曜日締切です。
④の応募は平成31年1月31日木曜日締切です。

カテゴリ:米沢市

[米沢市]米沢スキー場情報

2018年11月30日(金)~

チラシ

米沢市内スキー場オープン情報

リフト1日券と昼食がセットになったお得なクーポンをぜひご利用ください。 さらに利用された方には米沢牛などが抽選で当たるチャンスもございます。

クーポン等については詳しくは「米沢エリアスキー場協議会」HPを御覧ください。

 

天元台高原スキー場 11月30日(金)プレオープン
12月 1日(土)オープン
米沢スキー場 12月22日(土)
小野川スキー場 12月22日(土)

※降雪状況により変更になる場合がございます。

問い合わせ
米沢エリアスキー場協議会(米沢市観光課内)
電話 0238-22-5111

カテゴリ:米沢市

[米沢市]第8回 愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト

2018年10月1日~2019年2月20日

第20回「米沢産業まつり」・第27回米澤米まつりPDF

第8回 愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト

「上杉謙信」が、塩留めに苦しむ好敵手「武田信玄」へ塩を送って助けたという故事から生まれた「敵に塩を送る」は、たとえ敵であっても苦境にあれば助けるという上杉謙信以来脈々と本市で受け継がれている「愛と義の精神」を表しています。この「愛と義の精神」に関する「親切にされたちょっといい話」、「世のため人のため義を感じたエピソード」「心に残る米沢体験談」を題材とするエッセイを全国から募集し、優秀な作品には賞状及び副賞として米沢の特産品を贈呈します。

募集期間 平成30年10月1日~翌年2月20日(必着)
目 的 「愛と義のまち米沢」として広く全国に発信し、さらなる誘客促進を図る。
募集内容 「親切にされたちょっといい話」、「世のため人のため義を感じたエピソード」、「心に残る米沢での体験談」のいずれかを題材として800字以内にまとめ、表題を「第8回 愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト応募」としてメールもしくは封書、FAXにより当協議会へ送付する。(住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を必ず明記のこと。)
主 催 米沢市観光キャンペーン推進協議会
後 援 米沢市、米沢四季のまつり委員会、(一社)米沢観光コンベンション協会、 米沢商工会議所、米沢市芸術文化協会
表彰部門 ○金賞  1作品…米沢牛1万円相当+米沢八湯温泉旅館ペア宿泊券(5千円券4枚)
○銀賞  3作品…米沢牛5千円相当+米沢八湯温泉旅館宿泊券(5千円券2枚)
○銅賞  5作品…米沢の特産品3千円相当+米沢上杉文化施設共通入館券(米沢観るパス)+米沢路線バス1日乗り放題券(米沢乗るパス)
応募の留意点 ①1人につき1点までとします。
②自作・未発表の作品のみとし、偽名での応募や類似作品の応募等は禁止します。
③応募作品の返却は致しません。
④応募作品についての著作権は米沢市観光キャンペーン推進協議会が有します
⑤募集により知り得た個人情報は、応募者への連絡等に使用します。また、受賞発表時には、氏名、年齢、住所(市町村名まで)を公表します。
⑥受賞作品は、米沢観光ナビHPに掲載します。
発  表 4月上旬に米沢観光ナビWebサイト及び受賞者に文書にて通知します。
応 募 先 米沢市観光キャンペーン推進協議会事務局(米沢市観光課内) 〒992-8501
山形県米沢市金池5-2-25
TEL:0238-22-5111
FAX:0238-24-4541
問合せ先 米沢市観光キャンペーン推進協議会事務局
〒992-8501
米沢市金池5‐2‐25(米沢市役所内観光課内)
TEL:0238-22-5111
FAX:0238-24-4541

米沢観光ナビ

カテゴリ:米沢市

[米沢市]第6回「なせばなる秋まつり」

2018年9月22日(土)・23日(日)

チラシチラシを見る(PDF)

第6回「なせばなる秋まつり」

上杉鷹山の「なせばなる」に表されるチャレンジ精神を始めとして、「棒杭市」に見られる人を信じる心や庶民が「草木塔」に込めた自然への畏敬など米沢には他に誇れる精神文化がたくさんあります。まつりを通して米沢の良さを体感してください。

日 時 9月22日(土)・23日(日)10:00~17:00
(※23日は16:00まで)
会 場 松が岬公園・伝国の杜周辺

◆主な見どころ

どん丼まつり・交流物産展 22日・23日 10:00~17時(最終日は16時まで)(どん丼まつりは両日15時まで) 米沢牛ステーキ丼などの地元オリジナル丼、米沢風芋煮など美味しいものが集結します。交流都市の様々な特産品なども販売します。
棒杭市 22日・23日 鷹山の時代の無人市を再現します。無人でも盗みを働いたり金銭をごまかすことのなかった「人を信じる心」を考えましょう。
草木塔祭 22日12時~ 草や樹木にも宿る命を供養するため建立された草木塔を通して命の尊さを考えます。
ステージイベント 22日・23日 次代を担う子ども達の発表など市民団体等によるステージイベントでおまつり会場を盛り上げます。
今に伝わる伝統市 22日・23日 鷹山公が奨励し今に伝わる米沢の伝統工芸である米沢織・笹野一刀彫・米沢焼。それらの展示・体験(有料)・販売市を行ないます。
シャトルバス(有料)のご案内 会場周辺に駐車場はございません。米沢市役所からのシャトルバスをご利用ください。  有料(片道) 大人(中学生以上)200円 小学生100円 幼児無料

 

◆お問い合わせ

なせばなる秋まつり実行委員会 電話0238-22-9607

 

カテゴリ:米沢市

前へ  1 2 3 4 5  次へ 

今月号とバックナンバー

このページのトップへ