山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形の観光・イベント情報

イベント・観光情報

[仙台市]平成31年度年間行事

仙台市
仙台市
仙台市
仙台市
仙台市
仙台市
仙台市
仙台市
仙台市

杜の都を華やかに彩る季節の祭り

藩政時代にその起源を持ち、すずめ踊りで有名な「仙台・青葉まつり」、東北三大祭りのひとつ「仙台七夕まつり」、市民で作りあげる音楽の祭典「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」、幻想的なイルミネーションで年の最後を締めくくる「SENDAI 光のページェント」等々・・・。杜の都を舞台に行われる四季折々の華やかな祭りは必見。

 

平成31年度年間行事(予定)
  • 仙台・青葉まつり(5月18日、19日)
  • 仙台七夕花火祭(8月5日)
  • 仙台七夕まつり(8月6日、7日、8日)
  • 定禅寺ストリートジャズフェスティバル(9月7日、8日)
  • みちのくYOSAKOIまつり(10月12日、13日)
  • SENDAI 光のページェント(12月上旬~31日)

 

充実した交通機関を使って観光名所を巡る

るーぷる仙台

杜の都・仙台の観光名所を循環するシティループバス。観光名所に停車することはもちろん、車窓から眺める木々と調和した街のにぎわいや豊かな自然を感じることも魅力のひとつ。車内・各停留所にはSENDAI free Wi-Fiも完備されており快適なモバイル通信を利用できる。乗り降り自由な1日乗車券がお得で沿線施設の入館料や飲食料が割引になる特典もついている。

1周約70分、仙台駅前始発9時~16時まで 平日は20分間隔、土日祝は15分間隔で運行
運賃:1回乗車 大人260円、小児130円 1日乗車券 大人620円、小児 310円
るーぷる仙台・地下鉄共通1日乗車券 大人900円、小児 450円
停留所の一部:仙台駅前 瑞鳳殿 博物館・国際センター前 仙台城跡 大崎八幡宮前 定禅寺通市役所前

 

◎SENDAI AREA PASS

仙台エリアの訪日外国人旅行者向けのおトクなフリーパスとなっていてこちらもJR在来線や市営バス、地下鉄など乗り降りが自由となっている。有効期間は1日間。

料金:大人 1300円 小児 650円

 

◎仙台まるごとパス

2日間、仙台エリアを満喫することの出来るフリーパス。利用できる交通区間としてJR在来線(仙台、松島、松島海岸、山寺、白石区間)、仙台市営地下鉄、仙台空港鉄道、阿武隈急行などと提携しているため時間のある限り多くの観光地を巡ることが出来る。仙台に限らず、松島、山寺、白石、あぶくまといった観光地を巡るにもお得なフリーパスとなっている。

料金:大人 2670円、こども(小学生)1330円

 

歴史的風景をVRで再現

仙台市の新たな観光資源として開発が進むVR(ヴァーチャル・リアリティ)。藩政時代の歴史的風景を最新技術で再現する。仙台城跡では11月から、「仙台城跡から望む仙台の街並み(試用版)」を公開中。現地のQRコードを読み取ることで、お手持ちのスマートフォンやタブレットで体験できる。平成31年2~3月からは、仙台城跡のほか、大手門跡、大橋、芭蕉の辻、陸奥国分寺跡、仙台駅の計6ヵ所で公開予定。

カテゴリ:仙台市

[米沢市]豊かさとやすらぎ  共に創りあげる ときめきの米沢

米沢
米沢

豊かさとやすらぎ
 共に創りあげる ときめきの米沢

 米沢市は山形県の最南端に位置し、山形県の母なる川「最上川」の源である吾妻連峰の裾野に広がる米沢盆地に位置し、夏は高温多湿で、冬は寒さが厳しく、特別豪雪地帯に指定されており、年間累計積雪深は10mに達することがあるほか、市街地でも平年の最高積雪深が約100cmに達するほどの降雪量があります。
 市域の南側に広がる吾妻連峰は、大部分が磐梯朝日国立公園に指定されており、四季折々の雄大な自然景観が楽しめます。さらに、米沢の奥座敷である小野川温泉のほか、吾妻の山々には古くから奥州三高湯のひとつと言われた白布温泉をはじめ、姥湯温泉、大平温泉、滑川温泉、新高湯温泉、五色温泉、湯の沢温泉などの豊富な温泉群があるほか、夏山登山やスキーなどが手軽に楽しめる「自然の恵み豊かな都市」です。
 米沢のまちなみは、鎌倉時代にこの地に地頭が置かれて以来形成されてきました。特に、伊達氏が212年間、上杉氏が272年間、本市に居城を構えたことから、城下町としてのまちなみが形成されました。現在のまちの原型は、上杉氏の家臣の直江兼続によって築かれたことから、上杉家縁の名所・旧跡・文化財などが多く残っており、「上杉の城下町・米沢」として親しまれています。

カテゴリ:米沢市

[尾花沢市]尾花沢市 ~雪とスイカと花笠のまち~

尾花沢市
尾花沢市

尾花沢市 ~雪とスイカと花笠のまち~

日本三雪に数えられる雪、夏スイカ生産量日本一を誇る「尾花沢すいか」の生産地。そして花笠踊りの発祥地とされる尾花沢。毎年8月に行われる「おばなざわ花笠まつり」では、約3,000人の踊り手が、手に持った花笠をダイナミックに廻し、まちを花笠一色に彩ります。また、大正ロマンあふれる銀山温泉は、夜にガス燈の明かりが灯り、幻想的な雰囲気を醸し出します。冬の徳良湖では、"第44回尾花沢雪まつり&徳良湖WINTER JAM" が開催されます。「雪とスイカと花笠のまち」尾花沢へぜひ足を運んでみませんか?

カテゴリ:尾花沢市

[天童市]湯のまち天童 あなたの旅に、王手

天童
天童
天童
天童
天童
天童
 

湯のまち天童 あなたの旅に、王手

東南に蔵王連峰を望み、西に月山を仰ぐ美しい自然にはぐくまれた観光都市、天童。将棋駒といで湯とフルーツのまちとして、国内外から多くの観光客が訪れます。

 

◎将棋駒

将棋駒の生産量日本一を誇る天童市は、将棋駒のふる里で知られています。  市内には将棋資料館や将棋交流室など、将棋駒のまちならではの施設があり、まちの中にも将棋駒をあしらったさまざまなモチーフが随所に見られます。  毎年4月には約2,000本の桜が咲き乱れる舞鶴山を舞台に、甲冑や着物に身を包んだ武者や腰元たちが将棋の駒となり対局を行う「人間将棋」が天童の春を彩ります。

 

◎いで湯

天童温泉は、温泉王国山形の中でも有数の温泉地として知られています。  温泉街には三つの足湯があり、のんびりとまち歩きを楽しむことができ、天童市の周辺には山寺や蔵王をはじめとする名所や旧跡が多く、天童温泉はこうした観光の拠点としても重要な役割を果たしています。

 

◎フルーツ

天童は、県内でも有数の果物どころとして有名です。春から秋にかけて旬の果物が天童のまちを彩り、市内の観光果樹園はフルーツ狩りに訪れる観光客でにぎわいます。 宝石のように輝くサクランボは6月上旬から7月上旬まで、天童が生産量日本一を誇る芳醇な味わいが人気のラ・フランスは11月上旬から12月中旬までが収穫時期で、毎年多くの観光客が天童を訪れます。

カテゴリ:天童市

[中山町]歴史と文化の香るまち 中山

平成30年11月15日(木)

odaruma.jpg
odaruma.jpg
odaruma.jpg
odaruma.jpg

歴史と文化の香るまち 中山

江戸時代には最上川舟運の寄港地として栄えた中山町。中山で盛んに栽培された紅花はこの最上川舟運によって上方へ運ばれ、当時は非常に貴重であった為に、高値で取引され栄華を極めました。
 また、当時の中山で、舟の荷物の積み降ろしを待っている船頭達が、皆で鍋を囲み始めた事が芋煮会の原点と言われており、中山町が「芋煮会発祥の地」と言われる所以となっています。
 町では、当時食べていたであろう"棒ダラ"の入った「芋棒煮」をさらに広めていきたいと思っています。紅花文化が育んだ芋煮会発祥の地へ是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

3月上旬   旧柏倉家ひな祭り
4月上~中旬 さくら祭り

 

7月上旬   旧柏倉家紅花まつり
7月海の日  全国かぶと虫相撲大会

 

9月上旬   オクトーバーフェスト
9月下旬   元祖芋煮会in中山

 

1月14日  初市
2月上中旬(旧暦1月14日) だんご木市

 

カテゴリ:中山町

1 2 3  次へ 

今月号とバックナンバー

このページのトップへ