山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形の観光・イベント情報

イベント・観光情報

[高畠町]第二回たかはた「そば祭り」に参加して

2014年11月16日(日)・17日(月)

そば祭り1
そば祭り2
そば祭り2

たかはた「そば祭り」さっそうデビュー
置賜から満を持し山形そばの新名所誕生

穴澤 鉄男(元河北新報山形総局長)

11月は、新そばの季節。そば好きにとっては、待ち兼ねた時期の到来だ。
「新そばまつり」は、山形県観光物産協会がまとめただけでも今年県内の14カ所で開かれる。
しかし、多くが北村山地区に集中し、次いで最上、庄内と続き、置賜はごく一部で開かれるだけ。  そこにうれしいニュースが飛び込んで来た。
高畠町で11月16日(日)、17日(月)、「第2回たかはた『そば祭り』」が開かれるという。
2回目とはいえ、地元だけでなく県内、県外にアピールしての開催は、今年が初めて。
仙台からは少々遠いが、これは出掛けなくてはなるまい。
16日、そば好きの女性田中見和さん=仙台市在住=を誘って、車を駆る。
 会場の高畠町和田地区公民館は、ごったがえしていた。
あらかじめ手配していた前売り券(1人1000円、2食分)を受付で出すと、
係の女性が「順番が来たら番号でお呼びします」。何やら1時間くらいはかかりそうな雰囲気。
 会場のテーブル席に就いて、驚いた。知り合いの、仙台の面々10人ほどが
「そば前(お酒)」を傾けて、盛り上がっている。最初の2枚を平らげて、追加分を待っている。
聞けば、「そば前」が用意されている(もちろん別会計)のを察知し、仙台から電車で来たのだという。
 30分ほどで、われわれのそばも運ばれてくる。
田舎そば(失礼)にしては十分に細く、かつ太さが不ぞろいで見るからに「手打ち」と分かる。
何よりも得心したのは、そば粉100㌫、つまり十割そばだったこと。
盛られたそばが短めに切れているのが、何よりの証拠だ。
なのに、つゆにちょっと付けて食べると、何とも腰と香りがある。
一言で言えば「本物のそば」なのだ。つゆは、からからず甘からず、深みがある味。
 おみ漬と赤カブの「副菜」をつつきながら、そばを味わっていると、どやどやと別グループが入ってきた。
顔を上げると、これも知り合いの仙台からのグループ5、6人。
 急ごしらえの、調理場をのぞいた。この「そば祭り」は、高畠町蕎麦振興会・南山形そば街道の主催。
会代表の菊地良一さん(78)が、「ゆで」の作業に大わらわだ。
10人分のそばを、一度に大なべに入れ、数秒で浮いてきたら引き上げる。作業が一息ついたところで、話を聞く。
 「ここ和田地区は『そばの里』。以前からソバの栽培が盛んだ。
かつては1軒で50㌶栽培する農家もあり、今も町全体で80㌶を超す。
収穫したソバの実は山形市の製粉所にそのまま売る場合が多かった。原料の生産地から、食文化としての『そば』の里に脱皮したい。
そんな思いでこの『そば祭り』を始めた」。なるほど、だから「そば祭り」のサブタイトルが「―たかはた 生産から食へ―」となっていたのだ。
 菊地さんには、もう一つの顔がある。南山形そば教室の主宰者だ。
一般の人を対象に10年以上もそば打ちを伝授し、修了者は「1万人を超す」とか。地区内のそば打ち名人も育ててきた。
だから、そば文化は地区民に定着している。道理で、「祭り」でも名人が手分けしてそばを打ち、地区内のお母さんたちが受付から配膳まで総出で手伝っていた。
 祭りの案内状には「今後も3回、4回と回を重ね全国に広げていく計画です」とある。
北村山など県内他地区の「そばの里」は、「ライバル誕生」に、かぶとの緒を締め直さねば。

 

カテゴリ:置賜エリア

[天童市]天童秋まつり

■天童秋まつり11月7日(金)
■健康ウォーキング「クアの道」11月29日(土)
■第32回天童市農業まつり11月8日(土)
■第20回天童冬の陣平成鍋合戦12月6日(土)

第37回天童菊花展

 花笠音頭にも歌われている『もみじの天童』。その原点といわれている舞鶴山でウォーキングを開催するほか、わくわくランドでは菊花展や射的、ご当地アイドルのステージなどがお楽しみいただけます。

第51回天童市民芸術祭参加 第37回天童菊花展

期 日 11月7日(金)正午まで
場 所 わくわくランド(多目的広場特設会場)


 

祈りの若松コース

健康ウォーキング「クアの道」祈りの若松コース

若松寺に、クアの道がオープンします。TenndoすこやかMy進事業ポイント対象事業です。どうぞご参加ください。

日 時 11月29日(土)午前9時30分~12時30分(荒天中止)
集合場所 若松寺駐車場
定 員 20人(先着順)
参加料 無料
持 物 動きやすい服装、滑らない靴、雨具、飲み物、健康マイレージカード(天童市民対象、不所持の場合当日発行)
申込み・問合せ 11月21日(金)まで、天童市商工観光課
(TEL 023-654-1111)



第32回天童市農業まつり

地産地消の推進と農林業への理解を深めてもらおうと、農業まつりを開催します。天童市の旬の果物・野菜はもちろん、物産交流都市の特産品も販売。
米粉料理の実演、ラ・フランスのスイーツコーナーは女子必見です。

日 時 11月08日(土)午前9時~午後3時
場 所 天童市農協本所広場
内 容 地元農産物の販売、相互交流都市コーナーなど、イベント盛り沢山!
※先着300人に新米つや姫プレゼント!
(午前8:30~市役所正面玄関前で整理券配布)
問合せ 天童市農業まつり実行委員会事務局
(天童市農林課 ℡023-654-1111)



 

平成鍋合戦

第20回天童冬の陣平成鍋合戦

全国冬の名物鍋はもちろん海外の姉妹都市・友好都市自慢の鍋までもが一堂に会して、
味自慢とその内容を競い合うユニークな冬食イベント
武器を使わず鍋を使っての平和な味自慢合戦です。寒い冬に熱々の美味しい鍋は最高!
入場無料で、鍋の値段は300~500円程度。鍋将軍は来場者皆さんの投票で決まります。
鍋将軍を決めるのはあなたです!

日 時 12月06日(土)【会場】午前10時30分~【販売開始】午前11時00分~
場 所 NDソフトスタジアム山形
問合せ 天童商工会議所青年部
(℡023-654-3511)

カテゴリ:天童市

[米沢市]米沢四季のまつり・フォトコンテスト

2014年9月1日~2015年6月30日

第20回「米沢産業まつり」・第27回米澤米まつりPDF

米沢の四季折々の代表されるおまつりや、米沢地域に伝承される多彩なおまつりを対象にした写真コンテストです。携帯電話やスマートフォンで撮影したものを応募いただいても結構です。カメラを持って是非、米沢のおまつりに御出でください。

募集期間 平成26年9月1日~平成27年6月30日
表彰部門 *夏部門(平成26年6月~8月に撮影されたもの)
*秋部門(平成26年9月~11月に撮影されたもの)
*冬部門(平成26年12月~平成27年2月に撮影されたもの)
*春部門(平成27年3月~平成27年5月に撮影されたもの)
*ファミリー部門 まつりを楽しむ家族の写真等を対象
(平成26年6月~平成27年5月に撮影されたもの)
応募の留意点 (1)応募チラシの裏面にある応募票を記入の上、米沢四季のまつり委員会までご応募ください。
(2)カラープリント(白黒も可)4ツ切版で、他のコンテスト未応募のものとします。
(スマートフォン等での撮影作品も同様)
(3)応募作品は原則として返却しませんのでご了承ください。
(4)入賞及び入選作品の版権は主催者側に属します。
審  査 平成27年8月上旬
表  彰 平成27年9月下旬
応 募 先 米沢四季のまつり委員会事務局
問合せ先 〒992-8501
米沢市金池5‐2‐25(米沢市役所内観光課内)
電話0238(22)9607

応募の詳細チラシは(米沢観光物産協会HP)にアクセスしてください。

カテゴリ:米沢市

[上山市]第33回 香の物祭「沢庵禅師」供養祭・漬け込み式

2014年11月23日(日)

香の物祭
香の物祭

第33回 香の物祭「沢庵禅師」供養祭・漬け込み式

たくあん発祥の地・かみのやま。たくあん漬けを考案としたとされる沢庵禅師は、紫衣事件で上山の地に流されました。上山のお殿様は手厚くおもてなしをし、春雨庵という庵を建ててやり、沢庵禅師は上山の人々に保存食である塩と糠でつける“たくあん漬け”を伝授しました。沢庵禅師の遺徳をしのぶ供養祭の後は、昔ながらの手法でたくあんの漬け込み作業を行う漬け込み式を開催します。

開催日 11月23日(日)
時 間 10時~
会 場 春雨庵
問い合わせ 上山市観光課 TEL.023-672-1111

 


 

楢下宿
楢下宿

羽州街道の宿場町「楢下宿」
“ばあちゃんずくらぶ”のおもてなし料理はいかがですか

羽州街道の宿場町・上山の楢下宿。楢下宿に来てくれたお客様をおもてなししたいと、地元「楢下宿ばあちゃんずくらぶ」の皆さんが、地元の食材を使って地域に伝わる田舎料理を振る舞います。季節によって食事内容が異なりますので、どんな料理が出るかも楽しみの一つです。是非お越しください。

料金 お一人様 540円~2160円(税込)
場所 楢下宿 大黒屋
予約 5名様~ 5日前までの要予約
問い合わせ 上山市観光物産協会 TEL.023-672-0839

★秋から冬の時期にしか食べられない、名物「納豆あぶり餅」だけのお食事も可能です。

 

 

カテゴリ:上山市

[山形市]第6回『旧宝幢寺界隈をたずねる』紅葉散歩

2014年11月15日(土)

ぶらぽ倶楽部

ぶらぽ倶楽部2014
第6回『旧宝幢寺界隈をたずねる』紅葉散歩

第3土曜の午前は散歩気分で街歩き!みんなでワイワイ話しながら、気軽に街を歩きましょう。
霞城まちなみ案内人と城下町やまがた探険隊が街歩きをサポートします。

日 時 11月15日(土) 9:00~(2~3時間)
距 離 2~4km程度
集合/解散 集合:七日町ほっとなる広場公園
解散:もみじ公演
※参加自由、現地集合・現地解散
問 合 山形市観光案内センター
TEL.023-647-2266

※事前の申し込みは必要ありません。集合場所に9:00まで お出で下さい。(受付は8:40~)
※集合場所には専用駐車場がございませんので、公共交通 機関等をご利用ください。
※雨天決行・悪天中止(中止する場合はホームページなど でお知らせします。)

カテゴリ:山形市

1 2 3 4  次へ 

今月号とバックナンバー

このページのトップへ