山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 山形の観光・イベント情報

イベント・観光情報

[米沢市]第21回米沢市産業まつり・第28回米澤米まつり

2015年10月31日(土)・11月1日(日)

第20回「米沢産業まつり」・第27回米澤米まつりPDF
日 時 10月31日(土)・11月1日(日)
10:00~16:00(※1日は15:00まで)
※米澤米まつりは10/31のみ開催
会 場 米沢市産業まつり  西條天満公園・平和通り・山形銀行米沢支店駐車場
米澤米まつり  米沢市営体育館駐車場・体育館ロビー

イベント内容

◇米沢市産業まつり ●大テント市
米沢市と姉妹都市・友好交流都市の企業やお店による展示物や美味しい飲食物が大集結。
【参加都市】新潟県上越市、愛知県東海市、宮崎県高鍋町、沖縄県沖縄市、宮城県石巻市、福島県喜多方市
【飲食物例】米沢牛、米沢ラーメン、その他美味しいものが大集合。
●ステージイベント
市内の保育園児や幼稚園児によるマーチングバンド演奏、太鼓の演奏のほか、ご当地アイドル によるショーや妖怪ウォッチショーなど元気いっぱいのパフォーマンスを披露。
●その他
昔遊び体験コーナーやはたらく車の展示、また米沢市の工業分野として有機EL照明の展示コ ーナーなど、様々な体験や展示コーナーがあります。
◇米澤米まつり
(18日のみ)
 とれたての新米を先着300名様にプレゼント。
 米沢の新鮮でおいしい農産物・畜産加工品・調理品などの販売。試食コーナーもあります。
ごはん・お米とわたし作文・図画コンクール
市内の小中学生によるごはんとお米をテーマにした作品の展示。

交通のご案内

米沢市産業まつり会場周辺に有料駐車場はありますが、台数に限りがありますので、市内循環バ スや市役所から出ている無料シャトルバスをご利用ください。
循環バス運賃:大人(中学生以上)200円・子供100円

お問い合わせ

【産業まつり】  米沢市商工課  電話0238(22)5111
         米沢商工会議所 電話0238(21)5111
【米澤米まつり】 米沢市農林課  電話0238(22)5111

カテゴリ:米沢市

[飯豊町]白川荘

odaruma.jpg
IMGP0116.JPG

紅葉も過ぎ、間もなく冬将軍の到来
寒さが加わると、美味い物がドッサリ

紅葉シーズンが過ぎ、辺りは静けさが戻ってきました。
冬を迎え、冷えた体を温めてくれるものといえば、もちろん鍋料理が一押し。
鍋に欠かせないのが、出来立てどぶろくの新酒。芳醇な香りと、濃厚な甘みを是非ご賞味ください。
最近デビューしたばかりの桃色のどぶろく「ももろく」は女性に大好評です。

 

 

カテゴリ:未分類

[南陽市]ぶどうの里 赤湯の地ワイン

ぶどうの里 赤湯の地ワイン
㈲大浦葡萄酒

山形のぶどう発祥の地「南陽市」で1939年に大浦葡萄酒のワイン造りが始まりました。セパージュ(原料となるぶどうの品種)の個性を大切に、甘くてフルーティーなタイプから、熟成を重ねたリッチでしっかりしたタイプまで、お客様に喜んでいただけるワイン造りに励んでいます。蔵を改装したゲストホールでの試飲やワイナリー見学も承っております。

 

営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
アクセス 赤湯駅より徒歩15~20分
 国道113号線沿い
駐車場 有(10台)(西側50mに第2駐車場も有)

 

カテゴリ:置賜エリア

[中山町]芋煮会発祥の地とは

2015年11月

odaruma.jpg
odaruma.jpg

芋煮会発祥の地とは

山形県を南から北へ、そして日本海へ流れる最上川。江戸時代にはこの山形県の母なる川、最上川を利用した舟運が盛んでした。山形県の内陸部からは米や紅花、青苧などを、酒田を経由して京都・大阪へ、一方、京都・大阪からは砂糖や干魚のほか、衣類や雛人形など上方文化を運んできました。
 元禄七年(1694年)に荒砥(白鷹町)まで最上川舟運が通じるまでは、長崎湊(中山町)は舟運の終点であったとされ、米沢方面への船荷の積み替えが行われた要地でした。
その舟運に携わる船頭や商人たちは荷揚げや荷待ちの逗留の間、棒だらと里芋を材料に、川岸の松の枝に鍋を掛けて煮て食べました。これが芋煮会の始まりなのです。

 

参考文献  「藻南文庫1 山形の名物 芋煮会のはじまり考」 
編集責任者 烏兎沼宏之 発行所 藻南文化研究所 
発行日 昭和五十六年十月一日

 

 

カテゴリ:中山町

[高畠町]高畠の特産品「ラ・フランス」を入荷いたしました!

犬の宮.jpg
犬の宮.jpg
犬の宮.jpg

【たかはた地産館】
高畠の特産品「ラ・フランス」を入荷いたしました!

高畠のラ・フランスは100年の栽培の歴史をもつ伝統と技術をもつ農家の皆様が手間暇かけて作ってこられたものです。今年も香り・甘さともに最高ですのでぜひご賞味ください!


【レストランよう山亭】
秋の味覚満喫の新メニュー♪

「味覚膳」
名前の通り秋の味覚をぎっしり詰め込んだお膳です。
・いも煮鍋
・松茸土瓶蒸
・松茸ご飯、
・鮭あぶりトロさっぱり風ポン酢仕立、
・季節の小鉢
・香物
と山形置賜の秋を目で舌で感じでいただけます。
2000円
「きのこせいろ御膳」
きのこの旨みを加えたタレでいただく自慢の十割そばに
古代米いなり、天ぷら、小鉢とブドウをおつけしたお膳です。
1500円

どちらも期間限定ですのでぜひお早めに!!

カテゴリ:置賜エリア

1 2 3 4  次へ 

今月号とバックナンバー

このページのトップへ