山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 書籍

書籍

田中角栄と早坂茂三

#

山形三吉(本誌編集・発行人)編
ISBN. 978-4-900424-79-1
B5版208頁
定価1200円+税

好評発売中!
ご購入はお近くの書店へ

内容

#

第一部

早坂茂三の田中角栄90話
「あのときに姉がお袋に送ってくれた一円札を封筒から抜いて舐めてみたら、姉の涙で、札は塩辛かっただろう」(8話)
「土建屋でも国会議員になれば立法権を行使できる世の中になった」(10話)
「できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任は、この田中角栄が背負う。以上」(20話)
「中曽根康弘は遠目の富士山だ。遠くに見る富士は颯爽として美しい。近くにいけば瓦礫の山さ。石ころばかりだ」
「三木武夫は芸達者な婆さん芸者だ。芸のある芸者は生き残ることができる」(16話)
「池田、佐藤は京大、東大だ。財界の連中もだいたい、そうだ。
みんな先輩、後輩、身内の仲間なんだ。俺は小学校出身だ。ひがみじゃないが、オレは、彼らに頭を下げて、おめおめとカネをもらいに行く気はない」(6話)
「日中は一気にやる。俺は毛沢東、周恩来という男たちを信用している。連中は共産党だ。だけど、死線を何十回も超えてきた。
修羅場を何百回もくぐり抜けてきている。そうした“叩き上げ創業者オーナー”というのは、大事を決する時に信用できる」(8話)他

第二部

早坂茂三の自分史(角栄の家来になるまで)
早坂茂三出生とその時代背景、戦時体制化での幼少年時代
敗戦、教師不振から二浪、そして早稲田へ
民主主義科学者協会早大班の時代
読売新聞を落とされて東京タイムズに入る
六十年安保と、社会党への期待の消滅
渡邉恒雄、若き日の厚情
田中角栄を始めて間近に、直接見る
「俺は十年後、天下を盗る。お前、片棒を担げ」

いちい書房おすすめ書籍

広告

株式会社いちい書房
〒106-0044 東京都港区東麻布2-28-6
TEL:03-3560-3015/FAX:03-3560-2047

イベント・観光情報

山形県 ― 村山・置賜エリア

  • 大江町
  • 村山市
  • 寒河江市
  • 河北町
  • 中山町
  • 山辺町
  • 上山市
  • 尾花沢市
  • 東根市
  • 天童市
  • 山形市
  • 米沢市

イベント・観光情報一覧へ

このページのトップへ