山形の観光・イベント・グルメ情報を、山形三吉が取材・編集して毎月お届けします!

ホーム > 素晴らしい山形とは? > 山形県ってどんなことろ?

山形県ってどんなところ? 山形県は、東北地方の日本海側に位置し、東京から概ね北に300km(山形新幹線で約3時間)ほどの距離にあります。

#

特産品

山形は豊かな自然からなる農産物が豊富で、さくらんぼをはじめ四季折々おいしい果物が実る「果樹王国」として知られています。
また、質の高い日本酒が生産されることから「吟醸王国」などとも称されています。

#

温泉

蔵王の樹氷や果物狩りなどと言った四季を楽しむのもおすすめですが、山形は全国で唯一、全35市町村に温泉が湧出している「温泉王国」でもあります。
各地域ごとに特色ある温泉街が点在し、山や渓谷、日本海を眺めながらの温泉、近代的な大型旅館、昔ながらの湯治の宿、等々、様々なタイプの温泉を巡るのもおすすめです。

#

観光

「山寺」「蔵王のお釜」「べにばな畑」など、全国的にも有名な人気スポットがたくさんあり、東京や仙台からのアクセスにも優れているため、毎年全国から観光客が訪れています。
また、雄大な自然が美しく、古き良き日本の姿が今も残る山形は、映画やドラマの舞台として数多く選ばれてきました。近年では大河ドラマ「天地人」、映画「おくりびと」「武士の一分」などが知られています。

#

食文化

山形牛、さくらんぼやラフランス、秋の風物詩の芋煮など恵まれた自然が産み出すおいしい食べ物がたくさんあり、1年を通じて様々なグルメを楽しめます。
その中でも山形は麺料理が昔から馴染み深く、多種多様なラーメンや蕎麦を楽しみに遠方から訪れる観光客も多いようです。近年では山形の厳しい夏場の気候から生まれた「冷やしラーメン」が新たな山形の名物料理として有名です。


参照・出典元:山形県ホームページ

このページのトップへ